AKOMEYA BLUE シリーズが新登場!

LINEで送る

淡い色合いの春がやって来たと同時に、ときどき初夏を感じさせる季節となりました。初夏をイメージさせる色である「ブルー」は、自然の中でもぱっと目を惹く美しい色です。そんな初夏にふさわしいブルーを、AKOMEYAの視点でセレクトしました。日本の素材や、こだわりの伝統技法により匠の手で作られたアイテムは、どれも逸品揃い。心地の良い爽やかな風を感じさせる、暮らしに寄り添うブルーアイテムをご紹介します。

※表示価格は全て税抜きとなります。

▶ご注文はこちら


AKOMEYA BLUEシリーズ


キッチンに立つのが待ち遠しくなる

AKOMEYAでも人気の、定番のエプロンにバリエーションを増やし、岡山県が誇るデニムの産地・児島で作られたデニムを使用したエプロン。使い込むごとに生地が柔らかくなり、風合いが増すため、愛着が湧いてくる。ギャルソンタイプのデザインは、男性にも人気。料理好きな男性への贈りものとして喜ばれるアイテム。

デニムフルエプロン ¥4,900 / デニムギャルソンエプロン ¥4,500
※4月上旬発売予定です。

深海の色と匠の技を手のひらで感じて

長崎県波佐見町で造られる陶磁器「波佐見焼」。深海のような深い藍色が綺麗な「琉璃」と、白イッチン描きで一筆一筆手描きされた、贅沢な器。ひとつあるだけで、食卓が一気に華やぐ。江戸切子にも似た、日本の意匠の姿を感じられる佇まいは、暮らしに美を添えてくれる。

波佐見焼 食器 ¥1,300~
※4月上旬発売予定です。

優しい気持ちになるブルー

四季の移り変わりを大切に、器造りを手がけるTSUNEさんのブルーライン。「山帰来」(さんきらい)という葉っぱをモチーフに、ブルーのカラーを2色2型で展開。柔らかくてしなやかなラインと和むブルーの色合いが、せわしい日常にゆとりをもたらしてくれる。

TSUNE 食器 ¥1,600~
※4月中旬発売予定です。

真っ青な沖縄の海をカタチに

沖縄の自然や文化に根ざし、沖縄の地で手造りされた琉球ガラス。その中から、透明度の高い真っ青な沖縄の海と、突き抜けるような青い空を映した、鮮やかなブルーの琉球グラスをセレクト。爽快な気分にさせてくれる。初夏の日射しを感じながら、冷たいドリンクを楽しみたい。

琉球グラス ¥2,300
※4月下旬発売予定です。
※銀座本店のみの販売となります。

飽きのこないシンプルなデザイン

蒸れにくい高機能性で人気の「SASAWASHI」とのコラボレーションで誕生した、ルームシューズ。どんな部屋とも相性がよく、削ぎ落とされたシンプルなデザインは生活にすっと馴染む。エプロンと揃えて、新生活を迎えた人や男性への贈りものにもおすすめ。

SASAWASHI×AKOMEYA ルームシューズ ¥4,600

岡山・井原デニムを使用した日常使いバッグ

岡山県で実用的かつデザイン性のあるアイテムを作る「napron」とのコラボレーションで完成した巾着バッグ。デニムの生産地として有名な岡山県井原デニムにより、本物のデニムの風合いを実現。しっかりとしたデニム生地だから、重たい荷物を入れても安心。機能的で日常使いに最適。

DENIM Patients Bag ¥6,000
※4月上旬発売予定です。

世界初の藍染プリントをなびかせて

世界で初めて、藍染のプリントを可能にした横浜の「坂本捺染」。AKOMEYAオリジナルとして誕生したストールは、シルクと和紙でできている高級生地に藍染のプリントを施したもの。男女問わず身に付けられるデザインで、独特の風合いと生地のなめらかさがマッチした贅沢な逸品。

藍捺染ストール(波・華・雲) ¥13,000
※4月上旬発売予定です。

粋な装いの主役として

ブルーにちなんで、徳島藍染・江戸小紋などの扇子をセレクト。伝統的な扇子の美しさに加えて、ブルーの涼しげな装いが日本の粋な文化を感じさせる。これからの季節、内ポケットやバッグに1本入れておくだけで、いつでも粋な装いが完成。

新京清堂 扇子 ¥8,000~
※4月上旬発売予定です。

ありそうでなかったブルー・ケット

備後のインディゴ生地を使用したスローケット。一見デニムのような風合いの生地は、存在感があるものの飽きることなく、長く愛用できる。ベッドスプレットやブランケットとして通年使うことができる、マルチなアイテム。暮らしにこだわりのある人や男性への贈りものとしても間違いがない逸品。

インディゴスローケット
ジャガード 
¥16,000 / 刺子 ¥14,000
※4月上旬発売予定です。


~AKOMEYA TOKYO 5周年企画~


お客様へ5年間の感謝の気持ちを伝えるために、AKOMEYAでは新たに「お福分けのこころ」をご紹介する共に、様々な企画や催しの開催します。さらに、暮らしに"福”をもたらす「アコメヤの調味料」や「アコメヤの吉祥文様シリーズ」も新登場。是非この機会に、AKOMEYAで「お福分けのこころ」に触れて、限定企画や催し、個性豊かな新商品をお楽しみください。

AKOMEYAがお贈りする、5つのお福分け

こだわりをもって厳選したお米やお米にまつわる食品、そして暮らしをより豊かにする雑貨を、皆さまにご紹介してきました。また、ほんものを追求する想いをもった作り手と、直接つながる機会もたくさんご提供させていただきました。こだわりから創られるものには、人を幸せにする力が宿ります。幸せという名の福を分かち合う。それを人は、「お福分け」と呼びます。この「お福分け」こそ、AKOMEYAのこころ。今回は、5周年の感謝の気持ちを込めて、5つの「お福分け」をご用意しました。AKOMEYAがお贈りする“福”を、お楽しみください。

詳細はこちら

アコメヤの調味料

食卓の料理の基本となる調味料に、AKOMEYAはこだわりをもっています。これまでも優れた逸品との出会いを、皆さまにもお福分けしてきました。今回、全国各地の作り手と協力して、AKOMEYAオリジナルの調味料作りに挑戦しました。そこにあるのは、「いいものを50年後まで残していきたい」との想い。幸せが広がる食卓の基本となる調味料だからこそ、妥協せずにほんものを追求して完成した味わいを、ご紹介いたします。

詳細はこちら

アコメヤの吉祥文様シリーズ

縁起がいいとされる動植物や自然などの森羅万象を文様化して、江戸時代から日本人の生活に馴染み愛されてきた「吉祥文様」。日本の古き良き文化を継承しつつ、吉祥文様がもたらす小さな幸せをAKOMEYAから“お福分け”できたら——。
その想いで、愛らしくて縁起のよい吉祥文様を選び、オリジナルとして新たに描き起こしました。文様ごとに意味があるため、相手の幸せを願った贈りものとして、さらには海外の人に日本文化に触れてもらうきっかけとしてもおすすめです。この文様にはどんな意味が込められているのだろう。そんな楽しみとともに、AKOMEYAが手がける吉祥文様シリーズをお届けします。

詳細はこちら

LINEで送る
一覧に戻る