夏にぴったりな風呂敷バッグ

LINEで送る

季節が変わると、毎日手にするバッグも変えたくなるもの。特にイベントの多い夏は、服や雰囲気に合わせてコーディネートを考えるのも楽しいですよね。AKOMEYAがおすすめする夏のバッグは、「風呂敷バッグ」。お気に入りの風呂敷を選んだら、自分で簡単に作ることができます。ショルダーとして使える大きめバッグから、お祭りや花火大会など身軽に動きたいときには小さいバッグと、いろいろな場面で活躍してくれるでしょう。また、浴衣とのコーディネートもおすすめです。この夏、自分だけの風呂敷バッグをぜひお楽しみください。

※表示価格は全て税抜きとなります。

世界に一つだけのバッグを

風呂敷バッグの特徴は、自分だけのバッグが簡単に作れることです。まずは、自分のお気に入りの風呂敷を選ぶことから始まります。そしてパッチンを用意したら、あとはささっと作るだけ。簡単に、自分だけの風呂敷バッグが完成します。荷物が増えがちな旅行時にも風呂敷とパッチンを持参すれば、あっという間にバッグの出来上がり。デザインやサイズ違いで何個も作ったり、家族や友達と一緒に作って楽しんでみてはいかがでしょう。

簡単!風呂敷バッグの作り方

①お好みの風呂敷とパッチンを準備

お気に入りの風呂敷を選びます。伝統的な和柄から、モダンでシックなデザイン、キュートなデザインまで、コーディネートによって選びましょう。また欲しいバッグのサイズに合わせて、風呂敷とパッチンを用意しましょう。

②パッチンを風呂敷に通す

パッチンの左右の穴に、風呂敷の四隅を通します。このとき、パッチンの磁石が内側にくるようにして、風呂敷の四隅を穴に通しましょう。

③風呂敷の両端を結ぶ

パッチンを通した風呂敷の両端を結びます。もう片方も同様に結びます。荷物を入れてもほどけないように、しっかり結びましょう。

④完成

パッチンの磁石をあわせて完成です。結び目やパッチンの位置、持ち手の布など、形を整えましょう。

オリジナルバッグの材料はこれだけ!

風呂敷をバッグに変える魔法の板

4箇所の穴に風呂敷を通して結ぶだけで、簡単に風呂敷バッグができるのも、このパッチンがあるから。磁石付きのため、バッグの開閉が可能。大きいサイズはショルダーバッグに、ミニサイズはちょっとしたお出かけ用のバッグに最適。風呂敷のデザインに合わせて選べる、ナラとブラックウォールナットの2種類。

風呂敷パッチン 大¥2,300/小¥1,800

お気に入りの風呂敷に出会う

京都の老舗風呂敷メーカー「むす美」とアコメヤのコラボ風呂敷が完成。オリジナルの吉祥文様をデザインに使用し、パターンも色も異なるため、それぞれの個性を楽しめる。また「むす美」×mina perhonenの「ちょうむすび」シリーズもおすすめ。シックなデザインのため、洗練されたシンプルなバッグができあがる。

風呂敷 ¥1,200〜

夏の日に気軽に楽しむ

日常使いにちょうどいい

肩にかけられるショルダーバッグは、大きいサイズのパッチンを使用した、普段使うのに最適なサイズ感。風呂敷のデザインがハッキリとよく見えるのもポイント。誰ともかぶらない、粋なオシャレを楽しめます。

毎日のお出かけに

財布、ポーチ、手帳、筆記具、ケータイ、帽子、お菓子、単行本…まで、普段のお出かけに持参する持ち物がすっぽり収まります。毎日使うバッグとしてはもちろん、日帰り旅行のお供にもおすすめです。

小ぶりで可愛らしく

ころんとした小ぶりの形が可愛らしい、ミニサイズのパッチンを使用した小さめバッグ。ちょっとしたお出かけや、お祭りなどの夏のイベントの時にぴったりです。浴衣との相性も良いため、コーディネートを楽しんでみてはいかがでしょう。

ちょっとしたお出かけに

コインケース、ケータイ、ポーチ、ハンカチと、ちょっとそこまで…のお出かけや必要最低限のものだけ持って出かけるときに。ランチのときのバッグとしても最適なサイズです。

LINEで送る
一覧に戻る