12/4(月)~銀座本店にて「ことほき」の”しめ飾り”展示販売を開催します。

LINEで送る

清らかな気持ちで新年を迎えるために

新年を迎えるにあたり、厄やわざわいを祓い、歳神様をお迎えする清浄な場所を表す目印として、家屋の戸口に飾るしめ飾り。日本の稲作文化の循環にも関係している、稲わらが素材として使われています。今年も、銀座本店にて「ことほき」が手がけるしめ飾りを、数量限定で展示販売します。是非しめ飾りを飾って、健やかな新年をお迎えください。

● 日本文化への想いがこもったしめ飾り

※数量限定のため、無くなり次第終了となります。


しめ飾りをつくり続けているユニットの「ことほき」は、デザイナーでありアーティストでもある鈴木安一郎(すずきやすいちろう)と安藤健浩(あんどうたけひろ)が立ち上げたしめ飾りプロジェクトで、二人は、藁(わら)を綯(な)うという手作業からなる造形の面白さに惹かれ、また日本の稲作文化に魅了されたことから、このプロジェクトは始まりました。

http://kotohoki.com/

「ことほき」しめ飾り展示・販売会
【開催日時】2017年12月4日~
【開催店舗】銀座本店

LINEで送る
一覧に戻る