おめでたい気持ちで過ごす迎春~AKOMEYAのお正月~

LINEで送る

家族や親族がお互いの幸せを願いながら共に囲む、年末年始の食卓のために。美味しくおめでたい気持ちをもたらす食卓を、AKOMEYAがご提案いたします。特別な迎春レシピからAKOMEYAオリジナル柄の豆樽、厳選された年越しそば、お正月に欠かせない味など、すべての食卓に幸せを運びます。帰省する際の手土産としてもおすすめのものばかり。今年のお正月は、美味しさと共におめでたい気持ちで迎えましょう。

※表示価格は全て税抜きとなります。

新年が待ち遠しくなる迎春アイテム

「おめでたい気分で乾杯を」

AKOMEYAのオリジナル吉祥文様をあしらった、古来の伝統的日本文化を象徴する豆樽。干支の戌を散りばめたデザインと、もう一つは富士山をメインにしたデザイン。どちらも正月のハレの日にふさわしい絵柄。お酒は、伝統の技で仕込んだ芳醇なふくらみがあり、爽やかなキレのある味わいの「川鶴」です。

豆樽(300ml) ¥2,300

※12/1(金)より発売予定です。

※銀座本店、NEWoMan新宿店のみの販売となります。

「ハレの日に飾って食べたい紅白餅」

家の中にあるだけで、おめでたい雰囲気になる紅白餅。健康と長寿を祈願してお正月に餅を食べる、または鏡開きとして食べる古くからの日本の文化に倣いたい。

(左) かざり餅 紅白 ¥370 / 鏡餅3合 紅白 ¥950
白米もち米を自社栽培し、自社工場で杵うち加工した農家の餅。美味しくかつ安心な逸品。

(右) 六星 紅白丸餅(福)¥600 / ぞうに餅 紅白 ¥530
西日本ではなじみの深い丸餅。おめでたい紅白の丸餅は、お正月はもちろんハレの日にも。

「新年の願いを込めていただく豆料理」

「まめまめしく働けますように」「財産が増えますように」「多くの福がありますように」。そんな願いが込められた豆料理。おせちはもちろん、普段の食卓にも美味しさを添えて。

(左から)

京丹波ぶどう黒豆 ¥666
京都丹波独特の気候と豊かな大地、清涼な水により丸々と太った品種の美味しさを最大限に引き出した逸品。

きんとき豆 ¥350
北海道産のきんとき豆を、豆の風味を大切にして煮込んだ、ぬくもりを感じる味わい。

大粒大豆 五目豆 ¥310
化学調味料や食品添加物を一切使わずにやわらかく炊き上げ、厳選したそれぞれの豆のうまみや風味を楽しめる。

大粒大豆 昆布豆 ¥300
宮城県産の大粒大豆と、利尻昆布の味を生かして炊き上げた、あっさり昆布豆。

「年越し蕎麦にもこだわりを」

日本の各地の蕎麦を6種類ご用意。それぞれがこだわりの製法によって誕生した、日本が誇る品。食べ比べして楽しむのもおすすめ。(※の商品は冷蔵品のため銀座本店、NEWoMan新宿店のみの販売となります。)

①会津地鶏だしそば つゆ付き ¥600 ※
のどごしの良い五割蕎麦には、会津地鶏のうまみを引き出し、昆布の風味を効かせた芳醇な本醸造醤油の蕎麦つゆを。

②芳とも庵・石臼挽き生蕎麦 ¥1,000 ※
東京・神楽坂にある名店「芳とも庵」と日光の蕎麦専門製麺所のコラボで誕生した、日光山の麓の玄蕎麦を挽き分け、香りと食感にこだわった七割蕎麦。

③北竜産石臼挽き年越しそば3食 ¥1,100 ※
北海道北竜町で育った蕎麦の実を石臼で丁寧に挽いた、五割蕎麦。かけでもざるでも、香り高く美味しくいただけるつゆ付き。

④越前八割そば つゆ付 ¥820 ※
挽くぐるみの蕎麦粉を使用した、風味豊かな八割蕎麦。コシの強い平打ち麺には、付属の蕎麦の味を引き立てる特製つゆを。

⑤島根県産出雲そば ¥600 ※
天日塩と湧き水で捏ねあげたこだわりの生蕎麦を、低音熟成法で仕上げて蕎麦の風味を凝縮。出雲蕎麦らしくざる用のつゆ付き。

⑥蕎麦通の生そば ¥300
風味豊かに自家挽きした蕎麦粉を、戸隠高原の水で練り上げた、昔ながらの食感が味わえる蕎麦。

「日本の甘みを堪能する」

冬になると食べたくなるぜんざいやお汁粉などのスウィーツだけでなく、きな粉餅や煮込み料理など、和の食卓に欠かせない甘味。味を左右する材料だからこそ、こだわりを。

①クッキングシュガー 中ザラ糖 ¥175
純度が高く、くせのない上品な甘さが特徴。漬物、煮物、麺つゆを作るときの材料におすすめ。

②クッキングシュガー 三温糖 ¥150
独特のコクと風味は、煮物や佃煮と相性抜群。風味豊かな一皿に仕上げてくれる。

③白ざら糖 ¥300
すき焼きや煮込み料理など、みんなで囲む年末年始の食卓に欠かせない料理に最適なざら糖。あっさりとした味に仕上がる。

④京きな粉 黒洲 ¥200
煎り上げ時間をじっくりかけて、風味と色合い、味わい深さをとことんまで追求した逸品。

⑤京きな粉 ¥180
国産大豆を、独自の手法で煎り上げ完全脱皮したあと、極微粉になるよう丹念に挽いて完成させたきな粉。

⑥和三盆糖 ¥700
江戸時代に酒絞りの方法を応用して誕生した和三盆。長い経験と熟練された手法で作られる、まろやかな風味と高雅な香りは伝統の味。

⑦ぜんざい ¥300
源泉された京都産の丹波大納言あづきのみを使用した、甘さ控えめの京ぜんざい。甘すぎない、すっきりとした味。

「大切な人たちと時を刻む」

新年を迎える前に準備しておきたいカレンダー。「月」がわかるカレンダーなら、一日一日を送るのが楽しみになりそう。

宙の日めくりカレンダー 2018 ¥2,000
ページの真ん中にあるのは、その日の「月の形」。昨日と同じようで、今日の月はやっぱり違う。新しい一日の始まりが感じられるカレンダー。

月と暦 日めくりカレンダー 2018 ¥1,000
今日の月の名前は何だろう? 一日をめくるたびに、ふと空を見上げたくなる。二十四節季や旬の食材も紹介。

出汁を味方につけて、簡単なのに本格的な迎春の味を

AKOMEYAオリジナル「アコメヤの出汁」を使った、迎春レシピをご提案いたします。基本となる出汁があれば、具材の味わいを引き出しながら、深みのある美味しい料理の完成です。失敗せずに、簡単に、見た目にも豪華な迎春の料理を、ぜひお試しください。

「みんなで囲む、幸せの鍋の味」

蕎麦と鶏肉の年越し鍋

 野菜 

季節の野菜はもちろん、たくさんの具材を一度に楽しめる鍋料理。いろんな具材の味を引き出してまとめるためには、野菜出汁がおすすめ。年越しにみんなで囲む鍋には、具材として蕎麦を加えてみませんか? 最後の一滴まで、汁ごと美味しく楽しめます。


「お正月に縁起のよい一杯を」

鰤の白みそ雑煮

 焼きあご 

お正月に欠かせない雑煮。今年は、しっかり味のあご出汁をベースにした縁起のよい雑煮を味わうのはいかがでしょう。あご出汁と相性のよいコクのある白みそに、出世魚である旬の鰤を入れてお正月に食べると、縁起がよいといわれています。茹でた餅を入れて召し上がれ。


「来客用にもおもたせにも最適な華やか料理」

ばら寿司とお吸い物

 かつお 

食卓が一気に華やぐばら寿司は、煮た具材が決め手。高野豆腐、しいたけなどの乾物、人参、たけのこなどの野菜を、かつお出汁で丁寧に煮るのがポイントです。関西風のばら寿司は刺身をのせないため、おもたせとしても喜ばれる逸品。ばら寿司と一緒に味わいたい、かつお出汁で作るお吸い物を添えて。

「アコメヤの出汁」を使った迎春料理レシピは公式ブログにて随時公開します。
公開予定日は下記となります。

【野菜出汁】蕎麦と鶏肉の年越し鍋:11/29(水)
【焼きあご出汁】鰤の白みそ雑煮:12/6(水)
【かつお出汁】ばら寿司とお吸い物:12/13(水)
こちらのページにて随時ご確認ください。

3種類の味を楽しめる「アコメヤの出汁」

ほんものの美味しさが並ぶ食卓から、しあわせは広がります。そんな豊かな暮らしの土台となることを夢見て誕生した、料理の基本である「アコメヤの出汁」。和洋中どんな料理とも相性が良く、時には粉末のまま封を切ってふりかけるだけで、料理の味を締めてくれます。

焼きあご出汁
希少性の高い平戸産のあごを、贅沢にも鮮度の良いまま封じ込めた、料理を格上げする上質な味わいの焼きあご出汁です。

8g×5袋 ¥480

8g×30袋 ¥2,200

かつお出汁
毎日のお料理を特別な味わいにする、豊かな風味が特徴のかつお出汁です。

10g×5袋 ¥400

10g×30袋 ¥1,800

野菜出汁
まるでスープのような深い旨みが特徴の、料理を選ばずに活用できる野菜出汁です。

8g×5袋 ¥480

8g×24袋 ¥1,800

清らかな気持ちで新年を迎えるために

日本文化への想いがこもったしめ飾り

 銀座  12/4(月)~

新年を迎えるにあたり、厄やわざわいを祓い、歳神様をお迎えする清浄な場所を表す目印として、家屋の戸口に飾るしめ飾り。日本の稲作文化の循環にも関係している、稲わらが素材として使われています。今年も、銀座本店にて「ことほき」が手がけるしめ飾りを、数量限定で展示販売いたします。ぜひしめ飾りを飾って、健やかな新年をお迎えください。

¥2,000〜¥23,000

イベント詳細は近日公開予定です


LINEで送る
一覧に戻る