気持ちも整う新年を

LINEで送る

新しい年を迎える前にやっておきたいこと。それが、大掃除とお部屋のアイテムの買い替えです。年末の大掃除は、本来は年神様という大切なお客様をお迎えするために欠かせないこと。一年間のいろいろな出来事や感情までもスッキリ洗い流して、聖域のように綺麗な空気の通り道となる部屋にしたいですね。

年末は、掃除はもちろん、一年間たくさん使った日用品を新しいものに買い換えるいい機会です。

新年を気持ちよく迎えられるよう、AKOMEYA TOKYOでは大掃除をサポートするアイテムや、こだわりの日用品をご用意しております。

気持ちまでも整えて、幸せな新年を迎えましょう。

※表示価格は全て税抜きとなります。

昔は「すす払い」といって、12月13日から大掃除をしていました。6月30日も大掃除のタイミングでしたが、現代では年末の大掃除のみとなりました。12月に入ったら少しずつ掃除を始めておくとよいでしょう。大掃除を終えたらしめ飾りを飾りますが、29日と31日は避けるため、それ以外の日に大掃除を終えるようにしましょう。

全部の部屋を掃除するのがベストですが、もし間に合わなければ、玄関と水まわり、火のまわりは、最低限綺麗にしましょう。また玄関から降りてこられた神様が鎮座する鏡餅を置く床の間、またはリビングなど家族が集う部屋も、大掃除して、家族みんなが気持ちよく新年を迎えられるようにしましょう。

新年の部屋と食卓をピカピカに

昔ながらの織機で丁寧に織られている紀州のドビ織ふきんは、手になじむ感触と、ふき心地の良い薄手で丈夫さが特徴。ガラスを拭けば部屋を一段と明るく綺麗に見せてくれる。ラッセル機で編まれているニットふきんは、ニット独自のボリュームと手になじむ使い心地の良さを追求。綿糸が太く保水もしっかりするため何枚もの食器を拭き上げられる。毎日使う食器も、拭くだけで見違えるほどピカピカに。

ガラス用ドビ織ふきん 2枚組、食器用ニットふきん 2枚組 各\650

まさに新感覚! 柔らかいたわし

たわしというと、パームヤシ繊維の硬いイメージが一般的。棕櫚(しゅろ)のたわしは、柔らかくてコシが強い、やさしいたわし。棕櫚繊維を熟練のたわし職人が一本一本検査し、繊維の太さが均一になるように厳選して巻き上げており、手にとると棕櫚の持つやさしさがしっかりと伝わってくる。たわし職人が心をこめて丁寧に作り上げているからこそ、体にも部屋にも野菜にもやさしい。

高田耕造商店 しゅろのやさしいたわし ¥590~

※店舗によって取扱商品は異なります

使い心地も気分も良くなるタオル

パイルに通常よりも太く強く撚り合わせた上質なコットンを使用し、地糸も太い糸でしっかり織り込まれた「毎日使ってもへたらないタオル」。タオルとしての吸水性はもちろん、洗濯への耐久性が高い。一方の「ふわふわふっくら甘撚タオル」は、エジプト綿を贅沢に使用したリッチなタオル。カシミヤのような柔らかな風合いとシルクのような美しい光沢が特徴で、ふかふかな肌触りと抜群の吸水性により快適な使い心地を実現。新年から気持ちよく過ごせる。

毎日使ってもへたらないタオル

ふわふわふっくら甘撚タオル

ハンドタオル ¥700 / フェイスタオル ¥1,400 / バスタオル ¥4,200

綺麗な部屋では足元も新しく

和紙とくまざさを原料に快適なライフプロダクツを生産しているSASAWASHIとAKOMEYA TOKYOのコラボレーションで誕生した、ルームシューズ。内側にささ和紙生地を使用しているため、吸湿性がよく蒸れにくい。また防臭・抗菌作用があり、洗濯も可能なため、常に清潔に使うことができる。外生地には児島のデニム生地を使用。使い込むほどに深まる味わいを楽しめる。綺麗に掃除した部屋で使うルームシューズだから、新品へ買い替えたい。

SASAWASHI×AKOMEYA TOKYO ルームシューズ \4,600

※デニムの色は変更となる場合がございます

LINEで送る
一覧に戻る