贈りものにもおすすめ。『松徳硝子の冷茶・冷酒器』

LINEで送る

夏に向け、特別な贈りものや格別な日常使いにおすすめの
松徳硝子の美しい冷茶器・冷酒器のご紹介です。

 

冷茶器

松徳硝子オリジナルのグラスは、上質なお茶を少量、上品にお楽しみいただけるよう設計され、細かい縦線模様のMillionと無地(Muji)の2種類を展開。セットの茶托は、国産にこだわり続け、伝統的なものから現代的なものまで手掛ける漆器の老舗メーカー、喜八工房が手がけています。グラスと茶托のどちらも、職人の技が光る逸品です。箱入りなので、贈りものにも最適です。

・冷茶器 Million (セット内容:グラス、茶托各1点、紙箱入り) ¥4,000

・冷茶器 Muji (セット内容:グラス、茶托各1点、紙箱入り) ¥3,800

 

・グラス(容量:約180cc 材質:無鉛クリスタルガラス ※底磨き加工)
・茶托(口径100mm × 高さ20mm 材質:栓 ※黒拭き漆仕上げ) 
・箱サイズ:縦105mm × 横105mm × 高さ85mm

※表示価格は税抜きになります。

SHUKI シリーズ

格子柄のモールを入れた松徳硝子の美しい日本酒用酒器シリーズ。手作りならではの温かみのある器が食卓を彩ります。

グラス4種(Chokoシリーズ)
(容量 75 cc、90 cc、100 cc 材質:無鉛クリスタルガラス) 各¥1,000

とっくり2種(Tokkuri シリーズ)
(満水容量 約210 cc、約230 cc 材質:無鉛クリスタルガラス) 各¥2,500

 

おちょこはそれぞれちょっとしたグラスとしても使え、合わせるお料理や食器を選ばない形です。ぜひ、おちょこ4種類ととっくり2種類の中からお気に入りの組み合わせを見つけてみてください。お酒好きなお父さんへ、父の日の贈りものにもおすすめです。

※表示価格は税抜きになります。

 

松徳硝子のこだわり

松徳硝子は、大正11年(1922年)に電球用ガラスの生産工場として創業。その後、時代の変化と共に電球も職人による手吹きから、機械による製造にとって代わり、松徳硝子もガラス器を主要に製造するようになりました。そして今に至るまで、職人の手仕事にこだわった、数千種類にも及ぶ手作りガラス器を製造してきた歴史があります。

中でも、電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけ、長期間に渡る試行錯誤の末、平成元年に誕生したのが「うすはり」です。その後も、更なる品質の向上、技術研究開発に努め、ビール・お酒・飲み物を「より美味しく飲むことが出来るグラス」として、その造形美と共に「うすはり」は機能面でも高い評価を得ています。

松徳硝子では、「全員が製造者であり検査員」という意識のもと、厳しい検査基準を設け、日々品質を追求しています。微妙な形のバラつきも「手作りだから仕方がない」で終わらせず、100分の1ミリを追求する、精密機械のような究極の手仕事を目指しています。松徳硝子の品質への飽くなき挑戦は続いています。

今回ご紹介した商品の他にも、AKOMEYA TOKYOでは松徳硝子の商品を多数ご用意しております。

ぜひ店頭にて、職人により追求された「引き算の造形美」を目と肌で感じてみてください。

LINEで送る

一覧に戻る