• HOME
  • AKOMEYAのお米

AKOMEYAのお米 全国から厳選した玄米、オリジナルブレンド米など、20種類以上のお米の品種を店頭精米し販売しています

一杯のごはんに込められた「しあわせ」のために 一杯のごはんに込められた「しあわせ」のために

ツヤツヤと輝く炊きたてのごはんを、口に運ぶ瞬間。
それは、日本人が「しあわせ」を感じる瞬間。

AKOMEYA TOKYOは、その瞬間を届けるために、
お米選びからご提供まで、細心の配慮を払うよう努めています。


AKOMEYAが自信をもってオススメするお米は、
実際に生産地へ出向き、 日本各地から厳選しています。

「美味しい」という言葉を目指して、
常日頃から愛情を注いでお米作りに励む、
生産者の努力と想いを、AKOMEYAは“味わい”にかえて 「しあわせ」を伝えたいと願っています。

2017年産 美味しいお米の生産地 (特)=特別栽培米 (特)=JAS有機 見たいお米をクリック! AKOMEYA TOKYOでお取り扱いする2017年産のお米のラインナップをご紹介します。 ※時季や在庫により、お米の品種が変異となる場合がございます。

 

2017年産 美味しいお米の生産地

AKOMEYA TOKYOでお取り扱いする、2017年産のお米のラインナップをご紹介します。
2017年産 美味しいお米の生産地 (特)=特別栽培米 (特)=JAS有機 見たいお米をクリック! AKOMEYA TOKYOでお取り扱いする2017年産のお米のラインナップをご紹介します。 ※時季や在庫により、お米の品種が変異となる場合がございます。
= 特別栽培米
= JAS有機
  • ※ 時期によって取り扱い状況が変わる場合がございます。
  • ※ 品種の展開内容は随時変更となる場合がございます。詳しくは店頭にてご確認ください。


北海道

玄米1kgあたり 850円+税

苫前町は、おいしさのバロメーターである低タンパク米のお米が模れる産地です。日本海から吹く心地よい風により夏でも過ごしやすく、たくさんの良質な堆肥で栽培された「ゆめぴりか」。炊き上がりの「艶Jと「粘り」が自慢の逸品です。道内では珍しい「特別栽培米」でご用意しました。

東北

玄米1kgあたり 770円+税

旧八郎潟の蓄積した魚介類などの豊富な栄投分のある土壌(大潟村)で栽培された「ミルキープリンセス」は、ミルキークイーンを親にして生まれた品種です。粘りが強く、もっちりとした弾力と噛んだ瞬問に感じるお米の甘みが特徴。もちもちしてしっかりとした味わいのお米がお好みの方におすすめです。

玄米1kgあたり 830円+税

平成27年度に本格デビューした、米どころ秋田県の新品種。「あきたこまち」より一割ほど粒が大きく、噛むほどに甘みが増し、粘りもありバランスのとれたお米です。AKOMEYAではしっかりとした噛みごたえをよりお楽しみいただけるよう、特に粒の大きなものだけを選りすぐりました。

玄米1kgあたり 1,050円+税

お米の栽培に、はちみつと海藻エキスを散布します。はちみつの糖が雑菌の繁殖を抑え、海藻エキスが光合成を活発にし、米の登熟を促進します。ツヤ・粘り・甘みのバランスが良く、もちもちとした食感と甘さが際立つコンクール受賞米です。

玄米1kgあたり 930円+税

山形県が10年かけて開発したつや姫。黒澤ファームのつや姫は100%有機肥料で作られており、水質・土壌がよくなければ生息できないカプトエピが元気に活動するほどの環境です。上品な甘みと粘リ、さらっとした噛み心地、喉越しが快い味わい。数々の賞を受賞した、つや姫の中でも美味しさが際立つお米です。

玄米1kgあたり 900円+税

土作りを第一に考える阿部さんが作るササニシキは、口に含んだ瞬間、はらりとほぐれる柔らかな食感と、噛むほどに旨味が増す味わいが特徴。和食に合うあっさりとした味は寿司米や、カレーにおすすめ。毎日飽きずに食ぺたくなる味。ふっくらツヤツヤに炊き上がり、見た目も美味しいお米です。

北陸甲信越

玄米1kgあたり 1,400円+税

滋味豊かな土壌と越後山脈から流れ出す清冽な雪解け水が東の横綱米とされる南魚沼産「コシヒカリ」を育んでいます。炊き上がりのツヤは絹のように美しく、もちもちとした粒一つ一つの中に香り豊かな甘み・旨みが詰まっています。冷めてから味が落ちないためおにぎりやお弁当にも最適です。

玄米1kgあたり 2,000円+税

地元そば店の昆布などの食物残渣(ざんさ)から独自の堆肥を作り、地域での食物リサイクルを実践。厳しい有機JAS米の基準を上回る、“安全でおいしい”に徴底的にこだわった無農薬栽培米です。他のコシヒカリに比べ大粒で透明感があり、甘みともちもちとした食感の絶妙なバランスは「じゅんかん米」特有のものです。

玄米1kgあたり 1,000円+税

日本随一の米どころ・新潟県が、これまでの品種改艮の集大成として研究を重ねて誕生させた新之助。弾力のある食感としっかりとした粘りを併せ持っており、ふんわりと広がる香り、芳醇な甘みを楽しめる味わいです。食卓に輝きをもたらす、つやのある大粒も特徴。しっかりもっちりした味が好きな人におすすめ。

玄米1kgあたり 720円+税

粘りが強く、冷めても硬くなりにくい低アミロース米のミルキークイーン。一般米に2:1を目安にお好みの配合で混ぜるとごはんに粘りが増しておいしくなります。炊き上がりも柔らかめなので通常よりも水を少なくして炊くのがおすすめです。もっちりとしたごはんがお好みの方に根強い人気があるお米です。

玄米1kgあたり 810円+税

寒暖差があり美味しいお米生産地である長野県にて開発された「風さやか」は、平成25年3月に種苗登録された新品種です。しっかりとした粒感で、ほのかな甘い香りと噛むほどに口に広がる柔らかな旨みと甘みが特徴のあっさり系の上品なお米です。素材の味を楽しむ和食によく合います。

玄米1kgあたり 830円+税

粒立ちがしっかりしているにもかかわらず、程よい粘りを兼ね備え、冷めてからでもしっとり感が残る味わい。このお米を通じて生まれる“ご縁”を大切にしたいという想いで名付けられた名前ゆえ、大切な人への贈り物に最適です。

関東

玄米1kgあたり 2,000円+税

水稲品種「いのちの壱」の中で最高級の品種。独自マニュアルを忠実に守り、厳しい検査に合格した契約農家のみが名乗ることを許される希少米。コシヒカリの1.5倍ほどの米粒の大きさで、粘り、弾力、香りがあり、しっかりと感じられる甘みが最大の特徴です。化学肥料や農薬を使用せず栽培された、有機JAS認証米。

玄米1kgあたり 750円+税

品質を保つため、生産量を一定に抑えてこだわりをもって生産された茨城県産「はるみ」は、五つ星お米マイスターなどのプロも目をつけている新品種。味わいの特徴としては、しっかりとお米の味を感じられるものの比較的あっさり。主張の強いおかずとも相性が良いため、どんな食卓にも美味しさを届けてくれます。

玄米1kgあたり 1,250円+税

皇室献上米として長らく一般流通しなかった希少米で、コンクール受賞米。ツヤがあって白く、もちもちとした弾力ある食ぺ応えとふわっと香る豊かな風味、噛むほどに深くなる旨みと甘みが特徴の極上コシヒカリ。中でも農薬使用量を抑えた特別栽培米は、生産者が限られており流通量が極めて少ない限定品です。

近畿

玄米1kgあたり 1,050円+税

京丹後地方の、夏は暑く冬は雪が降り積もるという厳しい自然環境が美味しさの秘密。昼夜の寒暖差と、山から流れる冷たいきれいな水、そこに根付いた土壌が育むお米は、強めの粘りと甘み、美しいつやが特徴です。毎日食べても飽きにくく、一度食べると病みつきになるとファンの多い味わい。

玄米1kgあたり 810円+税

ササニシキの突然変異から生まれた品種で、生産量が少ない上に栽培の難しさから生産者により品質が左右されるため、市場流通量がごくわずかな希少米です。兵庫県産の「かぐや姫」はあっさりとした味わいとやさしい甘みで和食を引き立てます。冷めても硬くなりにくく、粘りが保たれるのも特徴。

山陰

玄米1kgあたり 820円+税

コシヒカリより淡白で、上品な食味と香りが特徴。西の横綱米と称される仁多米コシヒカリの産地・仁多郡奥出雲で栽培されたきぬむすめは、昼夜の寒暖差によりしっかりとした甘味を蓄え、つややかな炊き上がりでごはんの白さが際立ちます。和洋どんな料理にも合う、バランスのとれた飽きのこないお米です。

四国

玄米1kgあたり 890円+税

霧深き山嶺の棚田で育まれた伝承米。山々がもたらす寒暖差と清涼な水により育てられたお米は、もっちりとした食感と甘みが特徴。口当たりはやや固めで、噛むほどに旨みが広がります。大粒で張りのある良質なお米のみを選抜。食べた瞬間の強い粘リと甘みは、おかずなしでも味わい深く、冷めても味の落ちないお米です。

九州

玄米1kgあたり 800円+税

深い味わいのコシヒカリを父に、つやと柔らかな食感が特徴のキヌヒカリを母にもち、双方の良いトコ取りをしたお米は、福岡県では馴染みが深く日常で愛されているお米。程よい粘り、ふんわりとした柔らかさと、しっかりとした、でも主張しすぎない甘みが特徴。見た目の光沢も美しい、良質な味わいです。

玄米1kgあたり 830円+税

九州ーの農業地域と言われる筑紫平野で耳納(みのう)連山の美味しい山水を利用して栽培されています。一粒一粒がしっかりしていて、炊飯後も粒形が崩れにくく、ふっくらとして食味が優れています。福岡県限定で作られていてそのほとんどが県内で消費されるため、首都圏で数量を確保するのが難しいお米です。

玄米1kgあたり 800円+税

緑豊かな自然と古い歴史のロマンが香る橘のお米「さがびより」。粒が大きく、しっかりとした粒感は噛むほどに味わいが増し、旨みが広がります。甘み、香り、ツヤが良く、時間がたってもおいしいお米です。そのコシの強さは丼もの、卵かけごはん、カレーなど、水分の多い料理に最適です。

玄米1kgあたり 810円+税

コシヒカリよりもモチモチ感があり、色白で粒そろいが良く、ふっくら炊き上がります。冷めても硬くなりにくく、パサツキやすい玄米ごはんやお弁当、おむすび、炊き込みごはんに最適です。やや柔らかめに炊き上がるお米なので、水を少し減らして炊くのがおすすめです。

玄米1kgあたり 780円+税

棚田と架け干し米の産地「九州奥豊後竹田地区」は古くから米の産地です。自然豊かな久住、阿蘇山系から流れ出る清流の麓で育てられたお米は、架け干しによる自然乾燥により、更に旨みが熟成されツヤがあり、より美味しくなります。4名の生産者限定の、手間がかかった棚田米の逸品です。

玄米1kgあたり 780円+税

熊本県で8年の歳月をかけて開発された「森のくまさん」は、“東のコシヒカリ、西のヒノヒカリ”といわれるエリートを両親として生まれたお米です。改良により双方の良いところを持ち合わせており、粘りがあって香りが良く、おにぎりやお弁当にもおすすめです。

お米の個性を知る

歯ごたえや食感のバランスで、お好みのお米をみつけてください。
お米の個性を知る 歯ごたえや食感のバランスでお好みのお米をみつけてください ※同じ品種でも生産地や生産者により配置が異なります。表は、AKOMEYAで取り扱いのお米に対する基準となります。

※同じ品種でも生産地や生産者により配置が異なります。表は、AKOMEYAで取り扱いのお米に対する基準となります。

お米の個性を知る 歯ごたえや食感のバランスでお好みのお米をみつけてください ※同じ品種でも生産地や生産者により配置が異なります。表は、AKOMEYAで取り扱いのお米に対する基準となります。

お米をおいしく召し上がっていただくために

お米をおいしく召し上がっていただくために

お米は、「生鮮品」です。
収穫を終えた直後から、劣化が始まります。
また、精米するとより劣化は速くなります。
お米の弱点は、「温度」と「酸化」。

店頭では、基本的にお客さまの目の前で、
そのとき必要な量のみを精米します。
それは「美味しい」状態のお米を食べていただきたいから。

すべては、一杯のご飯がもたらす「しあわせ」のために。

お米をよりおいしくいただくためのサービス

お米をよりおいしくいただくためのサービス

サービス1 お好みの分づきで精米いたします。

玄米1kg以上のご購入で、お好みの分搗きに合わせて店頭精米を承ります。精米は『玄米・三分づき・五分づき・七分づき・白米』よりお選びいただけます。
精米仕立ての新鮮な味わいをご家庭でお楽しみください。
  • サービス2 自分好みのお米を見つけましょう

    近年は、お米の品種改良が進み、各地で美味しいお米が生まれています。AKOMEYA TOKYOでは、おすすめの品種を食べ比べいただける「利き米セット」や違いを体験で きるイベント「利きの会」を通して、甘み・粘り・香りなど自分好みのお米を発見するお手伝いをさせていただきます。
  • サービス3 少量サイズで販売いたします。

    お米は生鮮品です。新鮮なうちに使いきれる量でお買い求めいただくことをおすすめしております。AKOMEYA TOKYOでは3合サイズ(真空パック)を販売。食べきりサイズで新鮮なお米をお楽しみいただけます。また、いつもとは違う品種のお試しや、贈り物にも最適です。
  • サービス5 重いお米の配送を承ります。

    重いお米を持ち歩く手間を省き、ご自宅の玄関で受け取れる便利なお米の宅配を是非ご利用ください。大切な方への贈り物としてもオススメです。スタッフにお気軽にご相談ください。
  • サービス6 オンラインショップでのご購入も可能です。

    AKOMEYA TOKYOオンラインショップでもお米をご購入いただけます。ご注文を頂いてから精米する新鮮なお米をお届けします。こだわりの「食」や「雑貨」商品と共に、ぜひご利用ください。

    AKOMEYA TOKYOオンラインショップはこちら

サービス7 一杯の炊きたての白いごはんから広がる「しあわせ」を贈り物に。

「利き米セット」をはじめ、ごはんのおいしさを引き立てるお供の数々や沢山の食品、器や調理道具など暮らしを豊かにする雑貨と組み合せた贈り物も可能です。様々な組み合わせで贈り物をご提案しております。お気軽にスタッフにご相談ください。

さらにお米をおいしく味わうための AKOMEYAおすすめの炊飯道具

さらにお米をおいしく味わうための AKOMEYAおすすめの炊飯道具

  • AKOMEYAオリジナル
    有田焼 黒釉土鍋

    遠赤外線効果が高くなるように調合された土を使用し、しっかりと圧力がかかる中蓋と外蓋の“二重蓋構造”で、お米の芯までしっかり熱の通ったごはんが炊ける。火加減も簡単で失敗知らずのオリジナル土鍋。

  • AKOMEYAオリジナル
    おひつ炊飯鍋

    鍋に厚みを持たせ形を丸くすることにより熱の対流が良くなり、ふっくらとしたごはんを炊ける。シチューなどの煮込み料理やお豆の煮物にもおすすめ。電子レンジで温め直すことも可能。

  • 純銅製炊飯釜
    ごはんはどうだ!

    昔懐かしい羽釜を銅で再現。銅はアルミよりも熱伝導率が良く、すばやく釜全体を加熱するため、短時間で炊き上がる。釜の内面はフッ素樹脂加工が施してありお手入れも簡単。

  • マジックブラウン

    日本で半世紀圧力鍋を製造している「鋳物屋」の玄米を美味しく食べるために開発された圧力釜。玄米がふっくらもっちり炊き上がる。今までの面倒を内鍋を使って解決した圧力鍋。