マーケティング・広報

【「アコメヤの醤油」の一品小鉢】「鯛のカルパッチョ醤油ジュレ」レシピをご紹介!

LINEで送る

4月より新登場の「アコメヤの調味料」から、今回は「アコメヤの醤油」を使ってご家庭でも簡単にほんものの味をお楽しみいただける、「鯛のカルパッチョ醤油ジュレ」のレシピをご紹介します。

それぞれ原材料の選定からこだわり抜いた「アコメヤの醤油」に「アコメヤの出汁」を加え、食べやすく見た目も綺麗なジュレに。白身のお刺身にはもちろん、サラダと盛り合わせればさっぱりと豪華なごちそうサラダの出来上がりです。

 


【レシピ】鯛のカルパッチョ醤油ジュレ

<材料>
・お刺身用鯛:お好みの量
・アコメヤの醤油:50cc
・みりん:20cc
・アコメヤのかつお出汁(濃い出汁):130cc
・板ゼラチン:5g

 

<作り方>
1. お刺身用の鯛は食べやすい大きさにスライスする
2. アコメヤの醤油、みりん、かつお出汁を全て鍋に入れ火にかける
3. ゼラチンを氷水で戻しておき、沸いた2.に加えてよく溶かし、容器に入れて固まるまで氷水でしっかりと冷やす
4. 固まった3.をホイッパーでジュレ状にくずし、1.にかけてお好みでわさびを添える
5. 完成!

 

【使用した調味料】アコメヤの醤油

昔から良質な仁多米が採れる島根県奥出雲町で、「一生食べ続けても安全なものを」という思いを掲げて醤油づくりを続けている1903年創業の「森田醤油」との共同開発で誕生した「アコメヤの醤油」。島根県産の大豆を主な原料とし、原料の一つひとつを見直して選定。また、加工はすべて手作りの手法にこだわり、木桶で熟成させたその味はとてもまろやかな仕上がりに。大豆を中心とした素材の味が存分に活かされた醤油本来の味わいを堪能できます。

 


 

鯛の他にも様々なお刺身に活用できるレシピなので、ぜひご家庭でもお試しください!

 

「アコメヤの調味料」はこちら

 

LINEで送る
一覧に戻る