8月24日(土)会津の秘蔵の日本酒、瑞々しい野菜を味わう『学べる宴』【AKOMEYA TOKYO in la kagu限定】|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

8月24日(土)会津の秘蔵の日本酒、瑞々しい野菜を味わう『学べる宴』【AKOMEYA TOKYO in la kagu限定】

会津の秘蔵の日本酒、瑞々しい野菜を味わう『学べる宴』
※チケット予約制

会津で伝統農法を伝える児島徳夫、同じく会津の末廣酒造の代表、新城猪之吉を迎え、伝統農法で育った瑞々しい野菜と野菜を使った田舎料理、そしてこの時しか味わえない秘蔵の日本酒を美味しく味わいながら野菜作り、そして酒造りについて知る、『学べる宴』を開催します!

お二人にしか語れない、野菜や日本酒のことについて学びつつ、田舎の家に遊びに来たような気持ちで、会津の美味しい野菜と日本酒をお腹いっぱい味わえる、わいわいと賑やかな学べる宴に、ぜひお越しください。
概要
【開催日時】2019年8月24日(土) 17:00~19:00頃 ※イベント当日の受付は、15分前からとなります。

【定員数】30名

【内容】会津の日本酒、野菜の作り方について学びつつ、会津の田舎料理と美味しい日本酒が楽しめる「学べる宴」。

【参加費】¥3,000+税

  

チケットの購入はこちら

自然農法「無の会」 代表 児島徳夫

会津美里町にて有機無農薬栽培を実践。「自分で考えて行なう農業」「業として成り立つ有機農法」を探求し続けている。 伝統農法である『会津農書』をもとに野菜作りを行い、会津の農家達に伝承し続けている。

【当日の野菜】
ジューシーで後味のいい、なすやトマト、かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、たまねぎ、にんにく等、8月下旬に、食べごろをむかえる野菜を予定。いずれも『会津農書』の農法で栽培した野菜です。 安全安心、体に良いのは勿論のこと、何よりも「おいしい!」が一番の特徴。その味わいは、自然に恵まれた、会津の風土そのものです。
末廣酒造 社長 新城猪之吉

創業1850年。会津の造り酒屋、末廣酒造の7代目社長。「大吟醸 玄宰」「山廃純米」「極辛口 鬼羅」「微発泡酒 ぷちぷち」など、様々なタイプの日本酒を世に送り出してきたパイオニア。また、地元会津でラジオ番組を持つほど、弁が立つ社長としても知られる。

【当日の日本酒】

有機米特別純米酒
与次右衛門 2018年、児島氏が「会津農書」に基づき、末廣酒造の酒粕で発酵させた土壌で栽培した、栄養価の高い酒米を使用した日本酒。「米・水・造り手」に加え、「農法」までも地元・会津にこだわった、真の地酒です。 さらに特別に、本イベント限定の「幻の日本酒」を、お持ちする予定です。