アコメヤの新米祭り-めぐる。みのる。-|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

買い物かご

アコメヤの新米祭り-めぐる。みのる。-

開催期間:10月15日(金)~11月18日(木)

お米が一番おいしい季節がやってきました。 今年も日本全国から農家さんが丹精込めて作ったおいしいお米が集結します。
AKOMEYA TOKYOの新米祭りのテーマは「めぐる。みのる。」。
季節が流れ、空から雨が降り、山から川が流れ、草木が育ち、虫や鳥、動物、私たち人間が育つ。生きとし生けるものすべてがめぐり巡るから、豊かな地球が続いていく。

最近よく耳にする、循環や持続可能という言葉。 いつまでも豊かな自然に暮らし、美味しい食材がいただける世界。きっとすべての人の願いでしょう。けれど世界は刻一刻と姿を変えているのが現状です。 ちょっと規模の大きな話をしてしまいましたが、私たちに出来ることから、はじめてみるのはどうでしょう。

今年の新米祭りでは環境に配慮した新しい試みのお米や、ずっと守っていきたい伝統技術が作る食道具をご紹介。
つやつやのお米を、お気に入りの茶碗で食べる“美味しい体験”が自然や伝統を守ることに繋がりますように。

※入荷次第随時UPいたします!

循環する米作り
私たちが日々食べているお米は太陽の光を浴びてたくさんの水分を吸い、農家の皆さんが丹精込めて世話をして出来上がっています。自然の中で作っているから、環境が変わると今まで通りの美味しいお米を作ることが難しくなる。

私たち一人ひとりが環境について考え、行動していくことが美味しいお米や農産物に繋がっていく。 今回ご紹介するお米は守るべき自然環境に配慮してできたお米。味の美味しさはもちろんながら、農薬を極限まで抑え、用水等で育つ生物の生態に配慮。
自然のサイクルを考えた優しいお米です。
一杯のごはんが野鳥たちを救う
日本で最も多くのシギ・チドリ類が渡来する東よか干潟。
平成27年にラムサール条約湿地登録されました。干潟とそこに面した農地には、絶滅危惧種である野鳥や植物、魚類が数多く生息しています。 これらの美しい自然や生きものと共生していくため、「シギの恩返し米」プロジェクト推進協議会とWWFジャパン(世界自然保護基金)が協業し、生物多様性の取り組みを含めた米づくりをスタート。AKOMEYA TOKYOも販売に携わり、5ヵ年計画で取り組みがスタートしました。
モットーは「お米づくりを通して、自然や生き物との永続的な共生を育み、豊かで美しい自然を地域で未来につなぐこと。」
品種は「夢しずく」。つやとのどごしの良さ、ほど良い柔らかさとモチモチ感が特長です。
農業の伝統と豊かな自然を守る
「世界農業遺産」とは食料の安定確保を目指す国際組織である、国際連合食糧農業機関(FAO)により、グローバル化、環境悪化、人口増加の影響により衰退の途にある伝統的な農業や文化、土地景観の保全と持続的な利用が図られている世界的に重要な農業地域を世界農業遺産に認定するという、2002年からスタートしたプロジェクト。 2021年1月時点では世界中で22ヶ国62地域が世界農業遺産に認定されており、日本では11の地域が認定を受けています。

今回はその中からお米分野での世界農業遺産を6つを選定。その土地土地の自然や生態系を守る伝統的な農法で作られた芸術的ともいえるお米をお楽しみください。
 
世界農業遺産米 ¥11,880

産地をめぐる
日本全国には食材と同じくらい多く、守っていきたい伝統技術があります。
一目見た瞬間から美しさや素晴らしさを感じるものには、時代背景があります。そのかたちや色、ひとつひとつに物語があり、職人技術が時代を作ってきたことがわかります。

時は変われど大切にしたいそんな物語が、逸品の中には込められている。それがわかると、もっと大切にしたくなる。
継承していきたい伝統技術を日々使うアイテムにしてはいかがでしょう。
ごはんが映える美しさ -佐賀県伊万里市 伊万里焼-

鍋島藩の御用窯があった大川内山に所在する伝統的な窯元「勘右エ門窯」による伊万里焼の平飯碗。
ごはんがきれいに盛れるように口径が広く浅い形状の飯茶碗。中心にこんもりとご飯を盛った時に器の余白とのバランスがよく、お米と器の両方の美しさが際立ちます。
元は「お茶漬けを最後まで美味しく食べられる形のお茶碗を」という料理店からの要望をもとに作られた型で、口にあたる部分の強度と薄さにこだわり、啜りやすくできています。
また重なりが良く、収納スペースに無駄が生じない、洗いやすく水切れが良い形状でもあります。少し高めの高台は手で持ち上げやすく手に馴染むサイズ感です。
ご飯だけでなく煮物碗としても活用して頂きたい逸品。

伊万里焼 平飯碗 ¥3,300(税抜 ¥3,000)
江戸文化を継承するかたち -長崎県波佐見町 波佐見焼-

江戸時代、重要な交通手段として、淀川を行き来する船が利用されていました。 この船に小舟で近づき、「餅くらわんか、酒くらわんか」とかけ声をかけながら、酒や食い物を器に盛って売る商いが繁盛していました。小舟はそのかけ声から「くらわんか舟」、と言われ、そこで使われた高台のしっかりとした、船上でも安定のある器が「くらわんか茶碗」と呼ばれるようになったと言われています。
AKOMEYAオリジナルのくらわんかの茶碗は伝統的なくらわんか茶碗の形状を参考に、土の色合い・渕の錆釉風合い・絵柄と細部に拘った飯碗になっています。また絵柄も熟練の職人が一つ一つ手で描いたもの。 描かれた絵柄は末広がりの形をしたひょうたんで「3つ揃えば三拍(瓢)子揃って縁起がよい」と言われています。古来より除災招福のお守りや魔除けとして広く用いられてきました。

三瓢子 くらわんか飯碗 ¥2,420(税抜 ¥2,200)
はっとするほど軽い美しい木目の茶椀 -石川県加賀市 山中漆器-

くらわんか碗の形状を基に、石川県の山中でろくろ師に飯椀を作成してもらいました。 山中漆器産地は「木地(きじ)の山中」といわれており、お椀や茶筒、カップなどの「ろくろ挽物」と呼ばれる木地挽物において、全国でもトップを誇る産地です。 山中漆器の一番の特徴は「縦木挽き」と呼ばれる、木を輪切りにした状態から木地をとる方法で、他の産地で多く行われている「横木挽き」よりも加工が難しく一本の材料からとれる木地は多くありません。しかし、丈夫で狂いが少ない木地に仕上げることが出来るため、「うす挽き」や「加飾挽き」などの細かい加工が出来る高度な技術が発展しました。
今回のくらわんか椀は拭き漆で仕上げられ、ごはんが映える色合いで、木目の美しい茶椀。 驚くほど軽いことから、女性やお子様にもぴったりの茶椀です。

くらわんか飯椀 ¥4,180(税抜 ¥3,800)
伝統的な五彩が織りなす美しさを食卓に -石川県南部 九谷焼-

大正時代より石川県能美市に工房を構える青郊窯。
初代青郊から九谷焼本来の古九谷伝統の流れを継ぎ、和絵具を使用した表現の志向を本筋とし、研究を重ねてきました。 こちらの茶碗は青郊窯とAKOMEYA TOKYOのコラボレーションで誕生した茶碗。独自で開発した和絵具により、「五彩」と呼ばれる九谷焼独特の色味を表現。白いごはんが生える色彩は、食卓を彩り、気持ちまで華やかに。

九谷焼×AKOMEYA TOKYO 飯碗 ¥2,200(税抜 ¥2,000)
自信をもって提案する、ごはんが最高に美味しく炊ける土鍋 -佐賀県有田町 有田焼-

 
土鍋で炊くごはんがなぜおいしいか、それは土鍋特有の熱伝導にあります。
昔から「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋とるな」と言われるように、最初から中火でも土鍋の熱は、はじめ弱く半ば位には強火になる、と言う原理で、ご飯を炊く事が出来るのです。中蓋の重みで圧力が加わり、芯までふっくら炊きあげます。さらに佐賀・有田で焼かれる土鍋は、遠赤外線効果が高くなるように調合された土でできています。

また、この土鍋は内釜に丸みをつけた事により外から内にお米が回転し、ご飯が立った状態になります。これが土鍋でおいしいご飯が炊ける秘訣です。
でも土鍋でごはんを炊くというと、難しそう、手間がかかりそうと思う人は多いかもしれません。しかし「10分火にかけて、10分置くだけ」ならどうでしょう。AKOMEYA TOKYOのオリジナル「有田焼 黒釉土鍋」は簡単で使い勝手がよく美味しいご飯が炊けるよう、工夫を重ねて作りました。

二枚構造の蓋で吹きこぼれの心配もありません。 土鍋で炊いた美味しいご飯は、この土鍋におまかせください。

有田焼ごはん土鍋 3合 ¥18,480(税抜 ¥16,800)/1.5合 ¥9,790(税抜 ¥8,900)
IHでも土鍋ごはんの夢が叶う -佐賀県有田町 有田焼-

 
「土鍋ごはんが食べたいけど、自宅がIHだからあきらめている」そんな方に朗報です。
IHで使えない土鍋を加熱するための炭板を使った設置型加熱プレートができました。IHコンロにこのプレートを敷いて、土鍋を使うだけでかまどご飯を炊くようなごはんがたのしめます。陶器のリングに溜まった熱がお鍋をしっかり保温するので、炊飯後もご飯をおいしく蒸らします。

有田焼IH炭かまど ¥11,000(税抜 ¥10,000)
現代の生活リズムに合うごはん土鍋 -三重県四日市市 萬古焼-
ごはんが炊けて、さらに残ったごはんを入れたまま冷蔵保存や電子レンジで温められる便利な鍋。
シチューなどの煮込み料理やお豆の煮物もふっくら炊き上がります。 土鍋の特徴である保温性と遠赤外線効果そして鍋に厚みを持たせ、形を丸くすることえ熱の滞留を抑止、じっくりとお米の芯まで熱が伝わり、ふっくらとしたごはんが仕上がります。

おひつ炊飯鍋 3合 ¥4,950(税抜 ¥4,500)/1合 ¥3,850(税抜 ¥3,500)
木の素材だけで作られた安心設計-福岡県古賀市 桐箱-
スライド式の釘など、金具を一切使わずにつくられています。口が大きくなるので米袋をそのまま入れられお米の出し入れがしやすいです。アクセントにもなるチェリー材を使うことで桐よりも堅い木材なのでより丈夫に長く使っていただけます。

増田桐箱×AKOMEYA TOKYO スライド米櫃 5㎏ ¥7,480(税抜 ¥6,800)
洗練されたデザインでごはんを美味しく-長野県 信州木曽さわら-
信州木曽産の極上のさわらでつくられたおひつは、炊きたてのごはん以上に、お米の美味しさを感じさせてくれる道具。熱や水分を調節し、味わい高めてくれます。そして、おひつ自体が水分を吸って中の湿度が一定になるので、べとつかず、ふっくらもちもちの食感に。 素材は樹齢100年以上の木曽さわらの厳選した柾目材のみを使用。

木曽さわらおひつ 5合 ¥25,300(税抜 ¥23,000)/3合 ¥20,900(税抜 ¥19,000)
上質なひのきの香りを楽しむ-岐阜県南東部 東濃ひのき-
東濃地方と呼ばれる岐阜県南東部の地域は室町時代からのひのきの産地であり、香りの高さと強度の高さ、年を経るごとに光沢が増すといった特長があり、主に建築用材に使用される東濃ひのきの端材を使用してしゃもじを作りました。 捨てられる端材を無駄なく有効活用することで環境負荷を抑え、循環型社会に貢献しています。

東濃ひのきのしゃもじ 大 ¥385(税抜 ¥350)/中 ¥330(税抜 ¥300)/小 ¥275(税抜 ¥250)
縁起が良く持ちやすい、八角箸 –東京都 江戸唐木箸-
木箸の製造が活発な東京で生まれた「江戸唐木箸」。使い勝手が良く、頑丈なのが特長です。東京の職人が手作業で丁寧に研ぎ出し、木そのものの温かみが感じられます。持ち手から食い先まですべて八角形のお箸です。

江戸唐木箸 ¥1,320~(税抜 ¥1,200~)
 

新米祭り特別企画!お米で作ったフェイシャルマスクプレゼント!

 
新米祭り特別企画として、新米を含め2,000円(税込)以上ご購入のお客様に秋田県産のお米「紫玄米」から抽出した天然米ぬかエキスを配合したさっぱりテクスチャーの美容液フェイシャルマスクをプレゼント! 乾燥するこれからの季節にぴったりです。数に限りがございますので、お早めに。

キャンペーン開始:11月1日(月)~無くなり次第終了
 

新米にぴったりなごはんのお供をAKOMEYA食堂で

 
新米にぴったりなごはんのお供
販売期間:10月15日(金)~11月18日(木)

AKOMEYA食堂(神楽坂・渋谷)では新米祭りの期間中、御膳に追加できる新米にぴったりなごはんのお供を限定販売!
40kgのまぐろから200g程度しか取れない希少部位の頭肉の大和煮、そしてアーモンドやすりごま、ねぎとじゃこをミックスしたごま和え胡麻を贅沢にAKOMEYA食堂流にアレンジしたごはんのお供は白いご飯が止まらなくなる逸品です。

ぜひこの機会にお試しください。

新米祭り限定ごはんのお供 ¥330(税抜 ¥300)
※販売期間は在庫数に伴い変動する場合がございますためご了承ください。
 
一人でも多くの人に美味しいお米を召し上がっていただくためにAKOMEYA TOKYOではお米の品種や保存方法、炊き方に精通した「お米コンシェルジュ」という資格制度を導入。ご来店されたお客様のご希望に沿ったお米のご提案ができるよう、日々進化を続けています。ゴールドのお米のバッジが、「お米コンシェルジュ」の目印!そんなお米コンシェルジュにインタビューを行いました!