梅いろ桜いろ|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

梅いろ桜いろ

開催期間:1月15日(金)~28日(木)

春に恋い焦がれる今日この頃。立春を迎えれば日差しも優しく和やかに。
AKOMEYA TOKYOからお届けする春にちなんだアイテムは、花が咲くように気持ちもパッと明るくなっていきます。桜をモチーフにした暮らしの道具は食卓を華やかに飾り、梅香る美味しいものは体の中から春色に染めていく。来客時にもてなせば、まるでお花見しているような心ときめく時間に。〝梅いろ桜いろ〟の逸品は、春の訪れをより艶やかに彩っていきます。
季節感じる「川鶴酒造 梅酒」


香川県川鶴酒造・伝承の技で作られる日本酒に梅を漬け込み、完熟梅果肉をたくさん使った驚くほどのとろみが特徴の梅酒。香料・着色料の添加物不使用で梅果肉そのものを楽しめます。

川鶴酒造 とろ梅 梅酒 ¥1,980(税込)
彩り豊かな「AKOMEYA TOKYO×銘酒」


AKOMEYA TOKYOと関東の銘酒がコラボレーション。気軽に飲める300mlサイズは、飲み比べてみても、贈り物にも。(千葉/木戸泉、神奈川/いづみ橋、東京/澤乃井、茨城/菊盛)

日本酒 300ml ¥770(税込)~
ずっと使える優れもの「錫の箸置き」


材質の特性を生かした〝しなやかで細かいデザイン〟が春を感じさせる錫の箸置き。酸化して黒くなったり錆びたりせず、長きにわたり食卓を彩り、春を運んでくれます。

錫の箸置き ¥660(税込)
豊かな食卓に「作山窯 窯変ボウル」


伝統技術と現代の要素が艶やかに掛け合わされた「料理のための美しい器」がコンセプトの美濃焼の作山窯。焼きあがるまで窯の中で変化していく釉薬(=窯変)が美しい色合いを生み出します。

作山窯 窯変ボウル S ¥1,540(税込)/M ¥3,300(税込)/L ¥4,950(税込)
春の訪れに「かや生地ふきん」


糸一本まで職人がこだわり、今回のために「よつめ染布舎」がデザインしてくれた「かや生地ふきん」。水分や油汚れを絡めとる優れた吸水性はもちろん、温もりあふれる手触りが心地いい。

かや生地ふきん ¥605(税込)
桜広がる「緑茶とくず湯」


春の訪れを楽しめる、桜の香りと花びら広がる緑茶&くず湯。緑茶は有機宇治茶と国産の桜を使い、くず湯は吉野葛を使用。確かな味だからこそ心まで春色に包まれます。

桜の緑茶 ¥648(税込)さくらくず湯 ¥594(税込)
食感に心躍る「桜のお菓子」


春らしく桜にちなんだ3種類のお菓子は、どれも丁寧に作られているからこそ、素材の持ち味を存分に感じさせます。噛むほどに伝わってくる、心地いい食感もお楽しみください。

桜のお菓子  ¥432(税込)~
春のお福分け「ぽち袋」


お菓子や手紙、お小遣いなど、使い方がいろいろあるぽち袋も季節の喜びを込めて。大分県国東市に拠点を持つ「よつめ染布舎」による春らしい絵柄は可愛らしさにあふれています。

ぽち袋 ¥550(税込)
桜の花がのる「くず餅」


明治十五年創業の吉田屋が作り出す、桜の花がのった贅沢なくず餅。お花見はもちろんのこと、ちょっとした来客時に喜ばれます。軽く冷やしてからお好みで黒糖蜜やきな粉を。

桜のくず餅 ¥864(税込)

春らしさを美味しくいただきます

四季に旬の食材があるように、食卓も季節を感じる装いへ
いつも使っている食器も春をテーマに選んでいくと、優しい日差しを受けるように気持ちも明るくなっていきます。例えば、「作山窯 窯変ボウル」の器が持つ柔らかい色合いと質感は、春野菜の色合いとバランスもよく、見た目も整います。主菜、副菜で器の大きさや色を使い分ければ、食卓が彩り豊かになっていく。受け継がれる伝統技術と職人の想いは、美味しさに華を添えてくれるでしょう。

作山窯 窯変ボウル S ¥1,540(税込)/M ¥3,300(税込)/L ¥4,950(税込)
春の息吹を感じながら凛として

ちょっとずつ小皿に盛り付けてお盆に乗せたら春の小鉢膳のできあがり。
いきいきとした春の食材は、ほろ苦くも生命力のある味わい深いものばかり。素材本来の味を生かした料理は食べるほどに体が元気になっていきます。そして、恵みの豊かさと同様に、食事を楽しむ道具にもこだわりたいもの。欅を使ったこちらのお盆「仁取盆皿」は、小田原で100年以上前から作られ続けている逸品です。箸置き、酒器など〝まわりの道具〟をそろえて食卓を彩ってみてはいかが。

仁取盆皿 ¥4,180(税込)