マーケティング・広報

【冷え知らずレシピ②】かつお出汁を使った「洋風信田巻きと黒胡椒風味のおでん」をご紹介!

LINEで送る

「アコメヤの出汁」で作る冬の料理提案

良質な国産原料を厳選し、そのまま飲んでも美味しい味であることにこだわった、上質な焼きあご出汁、風味豊かなかつお出汁、どんな料理も格上げする万能な野菜出汁。この3種類の「アコメヤの出汁」で冬の食卓をしあわせに彩る、冷え知らずレシピをご提案します。

 

今回はかつお出汁に黒胡椒の風味が効いた「洋風信田巻きと黒胡椒風味のおでん」のレシピをご紹介。ベーコンと白菜を巻き込んだ信田巻きを手作りするひと手間で、彩りも鮮やかに。最後には写真に使用している土鍋も合わせてご紹介します。

 

かつお出汁で作る「洋風信田巻きと黒胡椒風味のおでん」のレシピ


 

<材料>3人分

・かつお出汁:5カップ
・みりん:30cc
・醤油:10cc
・塩:小さじ1/2
・黒胡椒:小さじ1/2
・大根輪切り(2cm厚さ):6個
・お好みのおでん具:500g前後

※洋風信田巻き(3串分)
・白菜(外葉、葉先から25cm):3枚
・油揚げ:1枚(開いて3等分)
・スライスベーコン(ハーフ):3枚
・人参(3cm長さ拍子木切り):3個
・いんげん(3cm長さ):6個

 

<作り方>

1.  大根、人参、いんげんはそれぞれ下茹でをする。
2. 鍋に出汁と調味料を入れ火にかけ、大根とおでんの具を加えてコトコト煮る。
3. (2.を煮込む間に洋風信田巻きを作る。) 白菜は重ねてラップに包み電子レンジで3分加熱し粗熱を取った後、広げて芯の上に油揚げとベーコンを重ねる。手前に人参といんげん(2個)を乗せて両脇の白菜を内側にたたみ手前からきつく巻き込み、半分にカットして串に刺す。
4. 40分程煮込んだ2. に3. を加えて更に20分煮て、仕上げに粗挽き胡椒を少々振る。
5. 完成!

 

洋風信田巻きを作る時間が無い場合は、市販のロールキャベツや大きめにカットしたブロックベーコンを加えることで、見た目にも鮮やかな洋風おでんに。ぜひご自宅で新しいおでんの美味しさをお楽しみください。

 

「洋風信田巻きと黒胡椒風味のおでん」のレシピに使用した調理器具 


 

信楽焼(カネフサ製陶) 8号土鍋 瑠璃

¥4,500

滋賀県甲賀市信楽町で昭和30年ごろから伝統ある「耐熱土鍋」の生産を開始し、昭和50年ごろより「超耐熱土鍋」を生産している窯元によるこだわりの真味喜(まみき)鍋。

 

アコメヤの出汁 かつお

10g×5袋 ¥400 / 10g×30袋 ¥1,800

 

AKOMEYA TOKYOオンラインショップでもお買い求めいただけます。

 


 

※表示価格は全て税抜きとなります。

 

LINEで送る
一覧に戻る