【4/23(金)18時半頃再入荷】ごはんにのせる魯肉飯 ルーローハン 秋田県×AKOMEYA TOKYO|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

買い物かご

【4/23(金)18時半頃再入荷】ごはんにのせる魯肉飯 ルーローハン 秋田県×AKOMEYA TOKYO

※こちらの商品は2021年4月23日(金)18時半頃再入荷予定です。

秋田県の最北に位置する大館市は比内地鶏の有名な産地。
豊かな自然の中で育った比内地鶏のことを熟知した皆さんと作った美味しいごはんのお供。
共同開発に加わって頂いたのは、秋田県産株式会社。
秋田の特産品を広く秋田県内外に発信し、地場産業の発展に寄与することを使命に掲げ、普段は比内地鶏やいぶりがっこを使った加工食品を開発している会社です。



「秋田県の比内地鶏はうま味成分であるイノシン酸を多く含み、しっかりと弾力のある肉質が特徴です。うま味が強いので、香辛料やマヨネーズにも負けません!」
(秋田県産株式会社の嶋崎さん)

その比内地鶏を活かして生まれたのが、台湾料理である魯肉飯のごはんのお供「ごはんにのせる魯肉飯」。

「魯肉飯がここ最近認知度を上げ、幅広い年齢層の方々に親しまれるようになり、ごはんのお供でこの味に挑戦してみたいと思っていた矢先、しっかりとした弾力、濃い味わいの今回の比内地鶏のそぼろと出会ったことで、絶対に合う!と思い提案しました。」
(AKOMEYA TOKYO バイヤー有坂)

共同開発だからこそうまれたこの商品。

嶋崎さん「魯肉飯でこだわったのは肉のサイズと、スパイスです。実は私はこれまで魯肉飯を食べたこともなかったので、味を知るところから始まりました。通常は大きな肉が入っているものが多いですが、ごはんのお供としては食べづらい。そこであえてひき肉タイプにして、食べやすく食感も感じられるように工夫しています。」
「八角という台湾料理に欠かせないスパイスのバランスにこだわっています。強すぎてもダメ、弱すぎてもダメ。きちんとスパイスを感じられて、なおかつ食べやすい量にするために、いろんな調合で試食して、今回の配合にたどり着きました。他にも山椒やオイスターソース、紹興酒を使用して味を調え、幅広い方々に食べてもらいやすい味わいを目指しました。」

試行錯誤を重ね、一口食べたら台湾気分が味わえる魯肉飯。

嶋崎さん「とにかくまずはごはんにかけて食べてほしいです。魯肉飯は在宅でお仕事をされているかたがちょっとした旅行気分を味わって頂けたら嬉しいです。」


AKOMEYA TOKYOスタッフが商品を実食。
普段から魯肉飯を好んで食べるという人でも、本格的な味わいで満足感が高いと大好評。



「時間がないときに丼に盛り付けたら一品完成しちゃうのがいいですね!」
「魯肉飯はひき肉をさらに足してどんぶりにするとさらに食べごたえのある一品になりそうですね。」
「おにぎりもおいしいし、海苔巻きの具材にしてもいいかも。」



味がしっかり決まっているので、忙しい時にごはんにのせてサクッと食べるのにもってこい。
ぜひ素敵なアレンジであなただけの食べ方を探してみてくださいね。

<こちらの商品の開発秘話と試食レポート(AKOMEYA通信)>
開発秘話
試食レポート
951円(税込)
税抜 ¥880
商品コード
4589931934340

カラー

ごはんにのせる魯肉飯
ごはんにのせる魯肉飯
いぶりがっこ入り鶏そぼろマヨ
いぶりがっこ入り鶏そぼろマヨ
選択されたカラー:ごはんにのせる魯肉飯
在庫がありません
在庫
0
内容量
90g
賞味期限
製造日より90日
製造地
日本(秋田県)
品番1
SHOKUHIN
発売日
2021/04/07
商品区分1
おまとめギフト
商品区分2
包装可
カラー
ごはんにのせる魯肉飯

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

最近見た商品 ITEM HISTORY