夏を乗り切ろう!冷×辛|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

買い物かご

夏を乗り切ろう!冷×辛

開催期間:7月9日(金)~7月29日(木)

今年も暑い夏がやってきました。日本の夏を乗り切るには、まずは食から。
さっぱりした麺の喉ごしと、風味豊かな冷たいつゆは夏の定番。食べた途端に涼やかな気持ちにしてくれます。
そして猛暑には辛いもので発汗!ピリリと辛い麺や日本各地、そして世界の辛い調味料で暑さに対抗し、夏に負けない体に。

AKOMEYA TOKYOではこだわりの冷たい麺と辛いものを一堂に取り揃えております。
食をたのしみ、今年の暑い夏を乗り切りましょう!

※価格はすべて税込みです。

冷たい麺

日本の夏はやっぱり素麺 

そうめんの故郷である、奈良県にある三輪山のふもと。その地で代々伝わる手延べの技を受け継ぎ170有余年の歴史をもつ、
池利の素麺は、吟味を重ねたオリジナルの小麦粉を使用し、丁寧に手延べした逸品。
色素麺はかぼす、紫いも、梅、しそ、そして定番の白麺。食材をそのまま粉末にして練り込み、「手延べ製法」で作られています。
三輪素麺ならではののどごしを自然の香りとともにどうぞ。
つゆは化学調味料を使用せず、鹿児島県産のかつお節・国産のそうだかつお節・北海道産真昆布を使用し、
だしと相性の良いうすくちしょうゆと三州三河みりんを合わせ、塩や砂糖も国産原料にこだわりました。
徳島県産のすだち果汁入りと2種類でおたのしみください。
小豆島から、爽やかなレモンの便り

瀬戸内海に浮かぶ香川県小豆島で50年続く「石井製麺所」が作る昔ながらの天日干し手延べ製法。
手延べ素麺はその日の天候に大きく左右されるため、同じ原料を使うだけでは同じ品質の素麺はできません。天候に合わせて塩の量、練り具合、天日干しと室内干しの時間配分を調整するなど、職人の技術、勘、経験が組み合わさり、はじめて喉ごしの良いこだわりの素麺が出来上がります。
今回はそのこだわりの素麺に瀬戸内レモンの果皮を練りこみました。無添加、無着色で小麦本来の風味の中にさわやかなレモンの香りを感じます。

手延べレモン素麺 袋 ¥810(税抜 ¥750)/木箱 ¥3,240(税抜 ¥3,000)
つるっとした喉ごしがたまらない、冷麺が集合!
のど越しつるっとなめらか細麺にマイルドでやさしい味の牛だしスープ。麺はそば粉を主体に、小麦粉やさつま芋のでん粉を使用。約0.7mmの細麺はのど越しの良さが特徴的で、濃厚な味のスープとよく合います。

北村冷麺 黒 ¥432(税抜 ¥400)
コシの強い太麺にコクのある鶏だしスープ。麺はそば粉と小麦粉の他、さつま芋でん粉を使用。約1.1mmの太麺で歯応えがシコシコしており、さっぱりしたスープとの相性抜群。

北村冷麺 白 ¥432(税抜 ¥400)
小麦粉とでんぷんを混合した生地を圧力で押し出す方法で製麺。韓国冷麺とは違い、盛岡冷麺は透明感のある乳白色。スープはコクや旨みたっぷりの酸味の効いた旨辛スープ。

もりおか冷麺 スープ付 2人前 ¥486(税抜 ¥450)
創業昭和30年呉冷麺発祥の店で作られた特製平打ち麺とピリ辛ダレが醸し出す癖になる旨さ。

呉冷麺2食セット ¥1,080(税抜 ¥1,000)(要冷蔵品・販売店舗限定)

辛いもの

よけいなものは加えない、こだわりの担々麺

アミノ酸等の調味料を使用せず、菜種油、厳選された国産素材(豚ひき肉、にんにく、しょうが)、こだわりの四川豆板醤や甜麺醤、辣油などを使い、本格的な味わいに仕上げました。素材の旨味と胡麻の濃厚さの中に、すっきりとした強い辛さが際立ちます。

汁なし担々麺の素 ¥540(税抜 ¥500)
※商品に麺は含まれていません。
素朴で誠実なカレーうどん

小麦粉と水と瀬戸内の天然塩だけでつくったこだわりの「三野製麺所」の本場讃岐うどん。そして香料、着色料、アミノ酸等の調味料を使用せず、野菜や果実、かつお出汁の旨味とスパイスの香りがどちらも引き立つカレーうどんスープのセット。余計なものは加えていないから、その分茹でる時間も長く、ちょっと手間がかかる。誠実に作った珠玉の味わいをおたのしみください。

アコメヤのカレーうどん ¥864(税抜 ¥800)
「日本のお米に合う」がコンセプト
本格スパイス料理の表現に挑んでいる、東京・押上のスパイス料理店「SPiCE Cafe」とタッグを組み、出汁とスパイスの融合にこだわった、日本のお米に合うレトルトカレー。和の食材にもとことんこだわった一皿です。
調理によってはクセのあるマトンの良さを引き出したのは、日本古来より愛されてきた山椒でした。マトンの特徴を山椒が飛躍させ、たっぷりのスパイスと優しい出汁の融合を味わえる一皿。日本のお米との相性も◎。

マトンと山椒のカレー ¥540(税抜 ¥500)
日本伝統の食材ともいえる、鰤と梅干しを使った、新しい味わいの逸品。脂がのった鰤の独特な旨味と、梅干しの酸味。一見マッチしないように思える和の食材を、出汁とスパイスの独自の調合でまとめ上げました。

鰤と梅干しのカレー ¥540(税抜 ¥500)
クリーミーな味わいの中にカスリメティのほろ苦さを感じる、奥深い味わいのバターチキンカレー。バターと生クリームで濃厚さを出し、隠し味の塩麹で日本のお米に合う旨味を表現。さらに青唐辛子のじわじわと感じる辛さが後を引く味わいです。

バターチキンカレー ¥648(税抜  ¥600)
カルダモンやコリアンダーなどの香り高く爽やかなスパイスと、出汁の旨味が調和された、SPiCE Cafe×AKOMEYA TOKYOならではのビーフカレー。日本のお米の甘さとマッチするよう、シャープな辛さを追求したスパイス、タマリンドの酸味、ゴロゴロとした牛肉を加え、今までにない新しいビーフカレーに仕上げました。

さらさらビーフカレー ¥648(税抜 ¥600)
使い方いろいろ!手軽に使える辛い調味料
高知県産ゆず使用。青ゆずの皮と唐辛子を使用。ピリッと辛味のあとから、ほんのり柚子が香ります。
使い方:うどん等の麺類、鍋料理、焼き鳥、おでんなどの薬味、料理の隠し味に

郷のゆず ゆずこしょう ¥518(税抜 ¥480)
青唐辛子のさわやかな辛さと柚子の香味のバランスが自慢の辛味調味料。
使い方:炒め物、ステーキに、ドレッシング、ピザ、スパゲティに加えて

郷のゆず グリーンチリソース ¥626(税抜 ¥580)
高知県日高村産シュガートマト、さんさん日高味噌、高知県の竹内商店の鰹節、高知県産にんにく使用。化学調味料、保存料は一切使っておりません。
使い方:ご飯のお供に、炒め物、餃子、冷奴にかけて

とまとみそ(激辛) ¥702(税抜 ¥650)
一本釣りの鰹を丹念に焼き上げ、フライドガーリック、オニオンを加えピリリとパンチのあるラー油に仕上げました。漁師町ならではの逸品。
使い方:ご飯のお供に、料理の調味料として

漁師のラー油 (鰹焼き節入り) ¥594(税込 ¥550)
沖縄県産の島とうがらしを、泡盛にじっくり漬け込み、独特の風味を引き出して仕上げました。 使い方:沖縄そばはもちろん、ラーメンやお味噌汁、鍋物や刺身醤油のアクセントとして

島とうがらし練り ¥648(税抜 ¥600)
沖縄県産の島とうがらし、ピィパーズ(島こしょう)、ローズマリー等ハーブと激辛島唐辛子をブレンドした無添加のスパイス。
使い方:料理の隠し味に、おでん・うどん・鍋物・汁物に

島香七味 島とうがらし ¥594(税抜 ¥500)
沖縄県産の島とうがらしを乾燥させて粉末にしました。持ち運びしていつでもどこでもお好きな辛さのお料理を楽しんでも。
使い方:ラーメンや炒め物、鍋物に

島とうがらし粉末 ¥735(税抜 ¥680)
日本初の黒酢レストラン桷志田の賄い食でフライにつけるソースとしてシェフが出したことから誕生した逸品。
使い方:ご飯のお供に、焼き肉のタレやギョウザのタレに加えて

食べる黒酢激辛 ¥566(税抜 ¥524)
唐辛子を細かく刻んで醤油漬けにした逸品。ピリッとした辛味が、様々な料理のアクセントに。
使い方:ご飯、うどん、煮物、スパゲティ、冷ややっこに加えて

唐辛子佃煮 ¥648(税抜 600)
唐辛子に泡盛を使用することで辛さに旨味が加わり、コクのある辛味がクセになる味。辛さ強め。
使い方:麺類や炒め物に加えて

比嘉製茶 泡盛漬け唐辛子の旨辛ペースト ¥324(税抜 ¥300)
沖縄産島とうがらし、シークワーサー、沖縄塩を使用した国産ホットソース。沖縄ならではのご当地スコ!
使い方:タコスやピザ、スパゲティやお肉料理に加えて

比嘉製茶 島スコ 唐辛子 ¥648(税抜 ¥600)
沖縄産島とうがらしと沖縄県産島ハバネロを使用。ピリッとした絡みの中に甘みと旨みがあり、コクのある辛さがたまりません。
使い方:焼肉などの肉料理に、サラダに加えて

赤マルソウ 島とうがらしドレッシング ¥561(税抜 ¥520)
ゆずこしょうと比べて、唐辛子と塩味が少なく、シークワーサーを効かせています。爽やかな風味のあとに、島とうがらしの辛味を感じ、南国の爽やかさが食卓を彩ります。
使い方:お肉につけて、麺類やスープに加えて

赤マルソウ シークワーサーこしょう ¥513(税抜 ¥475)
島とうがらしを泡盛に漬けこんだ沖縄県民に愛される調味料。しっかりした辛みは沖縄そばだけでなく七味のように万能に使えます。
使い方:麺類やお味噌汁に加えて

わした ミニ こーれーぐーす 瓶 ¥284(税抜 ¥263)
石垣島ペンギン食堂の手作業にこだわって作り続けているロングセラーアイテム。石垣島の食材をはじめ、多様なスパイスが奏でる程よい辛味と奥深い味わいが特長。
使い方:豆腐、納豆、玉子かけご飯や、鍋物、炒め物、スープに加えて

ペンギン食堂 石垣島ラー油 ¥1,101(税抜 ¥1,019)
人気の沖縄県産らー油。沖縄県産の黒糖、唐辛子、食塩(久米島産)、島コショウを使用。沖縄県産の原材料にこだわったらー油です。 使い方:餃子、ラーメン、野菜炒め、スープなどに加えて、夏場の素麺に

島酒家 くめじまのらー油 ¥810(税抜 ¥750)
花椒の痺れるような辛さと唐辛子のピリッとした辛さが融合した、奥深い辛味が特徴の四川風辛味調味料。
使い方:炒め物の辛み付け、前菜のかけだれ、湯豆腐のつけだれ、麺のつけだれに

ユウキ 花椒辣醤 ¥216(税抜 ¥200)
豆板醤、甜面醤をベースに痺れる辛みの四川花椒と香味野菜をバランスよく加えた四川風辛味調味料。
使い方:炒め物やスープに

ユウキ 麻辣醤 チューブ ¥270(税抜 ¥250)
辛みの強い唐辛子を加え、辛口に仕上げたコチジャン。シャープな辛さの奥に感じるほのかな甘みとコクをお楽しみください。
使い方:炒め物、料理に加えて

ユウキ 辛口コチジャン ¥306(税抜 ¥284)
野菜や香辛料をじっくりと煮出して味と香りを移したラー油に、しびれるような辛味の四川花椒を加え、より辛く、風味よく仕上げました。
使い方:餃子、ラーメン、野菜炒めに加えて

ユウキ 激辛四川ラー油 ¥324(税抜 ¥300)
ホットな辛みの中ににんにくの香りと甘酸っぱさが漂うタイの代表的なチリソース。使いやすいスクィーズキャップ。
使い方:汁麺や炒め物、ドレッシング、グリルなどに加えて、テーブルスパイスとして

ユウキ シラチャー レッド ¥507(税抜 ¥470)
ハバネロと同等以上の辛さを持つジャマイカの黄色い唐辛子「スコッチボネット」を使った辛みとフルーティーさが特長のホットソース。タバスコほどの酸味はなく、痛いぐらいの刺激的な辛みが前面に来ます。
使い方:料理に辛みを加えたい時

ユウキ ジュリアナスコッチボネット ¥570(税抜 ¥528)
バッファローウィング発祥の地で生まれた本格的なバッファローチキンウィングソース。カイエンペッパー(唐辛子)に蒸留酢、ガーリックを加え、辛味と酸味の効いた奥行きのある独特な風味に仕上げた中辛のベーシックなソース。
使い方:素揚げした手羽中や手羽先に絡めて、万能辛味付け調味料としても

ユウキ ウィル バッファロホッター 瓶 ¥1,047(税抜 ¥970)
ジャマイカのハーブ「エスカリオン」を主原料として、唐辛子をはじめとするスパイスをブレンドした辛みの効いたソース。
使い方:肉や魚にすり込んで焼いても、炒め物、ピラフ、煮込み料理等にも

ユウキ ジャークチキン&ポークソース 瓶 ¥885(税抜 ¥820)
パンチの効いた辛味の中に、香ばしいガーリックの香りやチキン・野菜などの旨味をしっかりと効かせた、後引く辛みとおいしさのポテトシーズニング。
使い方:ポテトと絡めて

MC ポテトシーズニング 激辛デビル ¥149(税抜 ¥140)
赤唐辛子とガラムマサラをブレンドした特製ソース。出来上がったカレーにかけるだけで、一層辛く、コク深く仕上がります。
使い方:カレーや炒め物に加えて

MC ガラムマサラソース ホット ¥356(税抜 ¥330)
唐辛子の辛味と花椒の痺れが広がる四川風鍋の素。色、香り、辛味が食欲をそそります。
使い方:鍋のベースとして

ユウキ 麻辣火鍋の素 ¥907(税抜 ¥840)
本場、四川省の辛口ソースです。仕上げに添付の花椒粉をふりかけて、より本格的な味をお楽しみください。

ユウキ 四川マーボーソース辛口・花椒粉付 ¥518(税抜 ¥480)