三の重|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

買い物かご

三の重

三の重は、れんこんや里芋といった根菜類やこんにゃくなど山の幸を中心とした”煮物”を詰めます。ひとつひとつ縁起の良い意味が込められた食材を一緒の鍋で煮る、おせち料理では定番の縁起の良い一品です。
筑前煮
【材料】
鶏肉       1枚
れんこん     150g
人参       1本
茹でたけのこ   100g   
干し椎茸     5枚
里芋       3個
こんにゃく    200g

*A
酒       大さじ2
醤油      大さじ3
みりん     大さじ3
砂糖      大さじ1・1/2

サラダ油     大さじ1

きぬさや    適量
【作り方】
※下準備:干し椎茸はひたひたの水につけて戻す。戻し汁は取っておく。

① 鶏肉は一口大に切る。れんこんと人参は乱切りにする。
  たけのこは穂先をくし形、根元は厚み1cmのいちょう切りに。
  干し椎茸は半分にそぎ切りにし、里芋は一口大に切る。
 こんにゃくは表面に浅く切り込みを入れて一口大に切る。
② 里芋とこんにゃくはそれぞれ下茹でする。
③ 鍋にサラダ油を熱し、鶏肉を入れて焼きつける。
  れんこん、人参、たけのこを加え、さっと炒める。
  残りの具材を加え、椎茸の戻し汁に水を足して2カップにし加える。
④ 煮立ったら灰汁を取り、Aを加え落し蓋をし、10分ほど煮る。
⑤ 落し蓋を取り、汁気がほぼなくなるまで煮含める。
  器に盛り付け、茹でたきぬさやを添える。
おせち料理に使えるアコメヤ商品