自然の美味しさを味わう「素のもの、そのまま」誕生|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

自然の美味しさを味わう「素のもの、そのまま」誕生

私たちが暮らす日本は、食材の宝庫
究極の美味しさは、素材本来の、そのままの味

まじめに美味しさについて考えた時
AKOMEYA TOKYOは「素のもの、そのまま」にたどりつきました
「素」のものを味わう

旬の味、素材の味を感じてほしいから、
化学調味料を使用していないことはもちろん、
酵母エキス、たんぱく加水分解物も使用していません

自然が生み出す美味しさをご賞味ください

出汁

究極の未完成

おいしさは素材と素材が重なり合うことで完成されます
だから、おいしい出汁は未完成であるべきだと考えます

旬の食材のうまみと、出汁のうまみが織りなす、
珠玉のおいしさを感じてください
料理の隠し味につかえる「粉末出汁」
自然の食材そのままの味を、準備いらずで、さっと使える便利さ。
短時間でもしっかりと出汁が効いた料理に仕上がって、時には隠し味としても優秀。ひとつまみ、といった絶妙な加減も、粉末タイプだから自由自在にアレンジできます。本物の味、美味しい出汁をもっと身近に。
一晩つけるだけ、香り高い「水出し出汁」
天然素材をウォーターポットに入れて水を注いで冷蔵庫へ。低温でゆっくり抽出した出汁は、旨味はしっかりありながらもすっきりとした透明感のある味わいで、和洋中どんな料理でも驚くほど相性抜群。寝る前に仕込んでおけば、翌日は出汁のうまさを感じる幸せの朝食から始まります。
日々の暮らしになじむ「のむ出汁」
まるでコーヒーのようにハンドドリップで出汁を気軽にたのしむ。
出汁を日常的に「飲む」ことも、ここ最近は暮らしにしっかりと浸透してきました。フィルターで落とす出汁は香りがしっかりと広がります。心も身体もほどける出汁の時間をおたのしみください。
ぽんと入れるだけで味が決まる「出汁パック」
天然素材をぽんとお鍋に入れて、ほんの数分煮出すだけで本格的な出汁の完成。時間に余裕がある時は、水出し同様に使えば不思議と上品な出汁の誕生です。また、パックタイプは中身の出し殻を使った料理も工夫次第でいろいろできます。

ごはんのお供

 
素材に宿るちから

旬の素材と生産者のこだわりをそのまま食卓へ

よけいなものを加えていないから、 素材本来の力強い味わいがまっすぐに味わえます

じゃこオイル漬け 唐辛子味/味噌味

かつお節、さば節、昆布、ニンニクのうまみを独自製法で抽出した究極の香味オイル『だしオイル』。 国産のちりめんじゃこ、アンチョビを加え、野菜や味噌を絶妙なバランスでブレンド。それぞれの素材の持ち味が引き出され、コク奥深く仕上がっています。「唐辛子味」と「味噌味」の2タイプあるので、ご飯のお供としてもちょっとした料理のトッピングとしても活用できます。
 

なまり節ほぐし 山椒味/生姜味

江戸時代からの歴史を持つ新鮮なかつおを使った鹿児島県指宿市の「なまり節」を、創業115年の大分県中津「田中醤油」のこだわり醤油で炊き上げた「かつおほぐし」。鹿児島と大分、それぞれの熟練された職人の技が発揮された逸品です。口に入れた瞬間にふわっと食欲をそそる風味が広がる「かつおほぐし」は山椒と生姜、2つの味があります。
 

  • 真鯛の煮付

    黒潮の影響を受け、豊かな漁場が広がっている愛媛県宇和島市で育った真鯛に、独自配合で開発した餌を、手間を惜しまず手で与え、毎日魚体のチェックをしながら健康管理を行うことで、加熱しても養殖魚にありがちな臭みが無く、品質にばらつきの無い、肉厚のふっくらした味わいが特徴です。 ひとつひとつ丁寧に手詰めし、鯛を短時間で蒸しあげることで、余分な脂とアクがないスッキリとした味わいに。ウロコや骨を丁寧に取り除いているため子どもからご年配の方まで安心して楽しめます。真鯛の缶詰は意外と少なく、貴重です。
     

  • ベビーほたての甘辛煮

    北海道の噴火湾は、美味しく成長する条件が整った帆立の主要産地であることで知られています。水煮が多い帆立の缶詰ですが、この「ほたての甘辛煮」は調理いらず&ごはんとの相性抜群。まろやかな味わいの日本丸天醤油を使うことで、帆立と醤油の良さがバランスよく伝わってきます。フタを開けてそのままごはんに乗せるだけで広がる幸せの味を体感してください。

  • 炊き込みご飯の素 鮭めし

    北海道日高沖で獲られる「日高の銀毛鮭」は、舌の肥えたプロや漁師たちも納得する芸術品といえます。なかでも、厳しい基準をクリアしたものだけが与えられるブランド鮭「銀聖」は、希少価値が高く滅多にお目にかかれないもので「銀毛鮭の王様」と言われています。そんな「銀聖」を贅沢に使った炊き込みご飯の素。上品でクセがない利尻昆布を出汁に使うことで、美味しさをさらに高めています。
     

  • 炊き込みご飯の素 帆立めし

    冬になると流氷がやってくる北海道宗谷近海。良質なプランクトンも運ばれてくるため、帆立はしっかりとした身にすくすくと育ちます。小ぶりなほたて貝ですが、歯応えのあるギュッとした身の締まりが特徴でうまみも甘味も凝縮。帆立の良さをそのままに、シンプルな塩味にしつつ、利尻昆布と真鱈のアラから取った北海道尽くしの出汁を合わせて上品に仕上げています。
     

  • 炊き込みご飯の素 鯛めし

    愛媛県由良半島で育ったブランド鯛「ゆら鯛」。透明度が高い海になるように町が一丸となって取り組み、稚魚から水揚げまで一貫した管理体制で育てられています。そんな住民たちの愛が詰まった「ゆら鯛」を贅沢に使った炊き込みご飯。具材には、ゴボウ、ニンジン、ふわふわの松山あげのうまみをプラス。炊きたての香りだけでも美味しいです。
     

お米

環境や身体にやさしいお米

自然の力を最大限に活用した有機農法のお米や
身体に優しいミネラル豊富な玄米などを選定。

お米本来の持つおいしさ、甘さを存分に味わえます。
 

玄米


AKOMEYA TOKYOの人気米2種を玄米で。 粒が大きく、まるで瞳のように輝いていることから名づけられた「龍の瞳」。粘り、香り、弾力、甘みすべてが最大の特徴の希少米です。さらに新潟県十日町市を中心に「食・命・環境」を普遍的テーマとし、丹精込めて栽培されたコシヒカリ。どちらも農薬・化学肥料を使用せずに作られています。
 
龍の瞳/コシヒカリ
※新米入荷まで今しばらくお待ちください。
 

もち麦


きれいな水と肥沃な土壌に恵まれた愛媛県重信川の扇状地で栽培されているもち麦。アントシアニンを豊富に含み、麦を生のままつぶすことで栄養の消化吸収と食べやすさを実現しています。もち麦ビギナーだったら、まずは白米9に対してもち麦1の割合でお試しを。慣れてきたら体の調子を見ながらもち麦の割合を変化させてみましょう。
 
 
 

五色 黒米ブレンド/五色 赤米ブレンド


「忙しい毎日だからこそ、健康を考えた食事にしたい」。健康志向が高まってきた今、雑穀を食す人も増えてきました。さまざまな雑穀がお店には並んでいますが、実は国産の雑穀は全体の10%以下ほど。そんな希少価値の高い国産雑穀をブレンドしました。お米と一緒に炊き上げても、リゾットやスープにしても、しっかりと身体を整えてくれます。
 
 

旬をあじわうということ

化学調味料をつかわず、旬の素材をそのまま味わうことをコンセプトとしたブランド、「素のもの、そのまま」。
「素のもの、そのまま」の出汁は、化学調味料だけでなく、酵母エキスも使用しない、出汁そのままの味わいを存分に味わえることが特徴です。
今回、プロの料理人の方々に四季の旬を美味しく味わうための料理の仕方、向き合い方、そして「素のもの、そのまま」の出汁をつかった、ご家庭でも手軽に楽しめるレシピについてお伺いしました。

素のもの、そのまま 旬をあじわうレシピ

AKOMEYA食堂 総料理長 高橋さんによる、「素のもの、そのまま」のアイテムを使った、旬をあじわうレシピたち。どれも手軽に試せて、素材そのものの美味しさを感じられる料理ばかり。旬の美味しさをご家庭でおたのしみください。

発売記念イベント開催決定!

「素のもの、そのまま」の 発売を記念し、Instagram Liveを開催!2人のゲストをお呼びして、トークセッションを行います。テーマはどちらも「食」について。おふたりが考える、旬の食、こどもと食、これからの食について。自由にお話しいただく時間です。是非、ご参加ください!

AKOMEYA TOKYOのInstagramはこちら
Instagram Live 第1回 ゲスト:青柳文子さん、雅結寿 阿部さん
日時:9月30日(水) 19:00-20:00
テーマ:「子供」と「食」 小さな頃から自然の美味しさを知りながら育ってほしい。そのためにはお子さんの口に入るものを、どういう風に選んでいくのがよいのでしょうか。 青柳文子さんと「のむ天然おだし」雅結寿 阿部さんにお子さんのお食事に関するお話などを聞き、どうやってお子さんの「食」を作っていくかをお話ししていきます。
Instagram Live 第2回 ゲスト:高山都さん、和敬 竹村さん
日時:10月11日(日) 19:00-20:00
テーマ:からだがよろこぶ食事 家で食事をする機会が増えてきた今だからこそ、少し立ち止まってどういうものを食べるかについて考えてみませんか。 食や生活に関する本を出版されている高山都さん、麻布の日本料理店『和敬』の竹村さんをゲストに、からだがよろこぶ食事の作り方についてお伺いします。