4月5日(金)より「初夏のおでかけ」|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

4月5日(金)より「初夏のおでかけ」

開催期間:4月5日(金)~5月9日(木)

桜の季節を終え、太陽の日差しが一気に夏へと近づくのを感じる季節がやって来ます。とはいえ、時間帯や日によっては肌寒さを感じることも。初夏のおでかけのお供に最適なアイテムをご用意しました。また、GWのおでかけ先にはもちろん、初夏のおもたせとしてのお土産品も揃えています。準備からウキウキするような初夏のおでかけを。

※表示価格はすべて税抜きとなります。
田中帽子店×AKOMEYA TOKYO
田中帽子店とは・・・
夏の風物に涼しさを添える田中帽子店の麦わら帽子は、埼玉県春日部市認定の伝統工芸品。土地が肥沃で米や麦の生産地であるこの地域で、手縫いによる帽子を作り、明治時代より東京で販売。帽子流行の先端を担ったのが、この田中帽子店です。
ベーシックならではの洗練さを
 
田中帽子を代表する麦わら帽子。細目のグログランリボンはAKOMEYA TOKYO用の仕上げ。より洗練された印象の麦わら帽子は、ドレスアップしたときも、カジュアルな装いのときにも華を添えてくれる。
 
日差しが気になる女性の必須アイテム
 
細かい網目のラフィアを丁寧に縫い、型入れされた折りたためる帽子。柔らかく軽いのが特長。共紐がカジュアルな印象に。リゾートにも軽いアウトドアにもショッピングにもあると嬉しい。
 
初夏のおでかけに
自然素材で快適な初夏タイムを
 
柔らかく繊細でナチュラルなラフィアと、和紙を材料にした小ツバ帽子。汗をかく初夏でも快適にかぶることができ、かつ持ち運びも抜群。初夏のおでかけには欠かせない。
 
初夏のケアが美白を決める
 
美白派の女性にとって、紫外線の強い初夏のおでかけにはアームカバーが必須。UVカットできる一石二鳥のアイテムや、吸湿性にすぐれたシルクを素材にしたカバーなど3種類をご用意。
 
染め織物ならではの風合いを纏って
 
織物産地・兵庫県播州で職人の手により製品を生み出しているfaboriとAKOMEYA TOKYOのコラボレーションストール。肌触りと褪色しにくい発色の良さがこだわり。初夏の風でふんわりと柔らかくなびかせて。
日本の色彩を日常の差し色に
 
日本古来の色彩文化から着想を得て、独自の染色技術で制作をしているhiraliによる手ぬぐいとネックアンダーウエア。吸水性がよく心地よい素材のため、汗ばむこれからの季節に◎。コーディネートの差し色にも。


初夏のおもたせに
見た目から爽やかな味わいを
 
AKOMEYAオリジナル果実ゼリー。香り豊かな湘南ゴールド、生の食感を楽しめる桃、酸味が初夏にぴったりなシークワーサー、大人向けの梅、着色料不使用のブルーベリー、そしてシャキシャキ感を味わえるリンゴの、6つの味。
岡山のジューシーな果実をお福分け
 
岡山を代表する白桃やマスカット、マスカットとは違う甘みのピオーネ、県内での生産量は少ないものの高品質のみかんやリンゴなど、岡山産の果実をふんだんに味わえる。初夏に最適な爽やかさを。
ぷるんとした見た目も愛らしい
 
契約農家限定栽培の高級トマトの完熟ゼリーをはじめ、ごろんとした清水白桃の食感を楽しめるゼリー、そしてピオーネの粒を丸ごと封じ込めたニューピオーネゼリーと、ちょっと自慢したくなる華やかなおもたせ。
季節の変わり目の体に元気を
 
伝統の味を守り続ける銚子屋の甘味。厳選した素材により、素朴でやさしい日本の甘味を味わえる。つるりとした口当たりとほのかな甘さは、体調を崩しやすい季節に元気を与えてくれる。
止まらない美味しさをあの人へ
 
人気のチーズ系のえびせんべいの詰め合わせ。えびに合う素材とそれに合うチーズをそれぞれ組み合わせた味わいは、手が止まらなくなる美味しさ。ちょっとした手土産にぴったり。