紡ぐ、結ぶ|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

買い物かご

紡ぐ、結ぶ

紡ぐ、結ぶ

上質な素材から一本の糸が紡がれる
自然の力、匠の技、技術の奇跡が糸に織り込まれ
やがて伝統となり新しい時代に繋がっていく
糸は紡がれ、人と人を結んでいく


開催期間:9月17日(金)~10月14日(木)

陽が短くなり、雲の種類もかわり、日々秋に近づいているこの頃。
そろそろ装いからも秋の支度をはじめませんか。
AKOMEYA TOKYOでは1点1点手をかけて織った、ずっと大切に使いたいストールや、
老舗メーカーとコラボレーションして作ったフォルムの美しい帽子、職人の作る心地よい付け心地の手袋など、
こだわりの逸品を取り揃えて皆様のお越しをお待ちしています。

澤井織物工場

古くから養蚕と織物業が盛んで「桑都」とよばれていた八王子で100年以上続く織物工場。
伝統工芸品・多摩織を続けながら風合いに重きをおいた、作品のような製品作りをモットーにしています。
伝統工芸士である四代目の澤井伸氏は時代に合った形での伝統技術の継承が大事と考え若い次世代を担う技術者の育成を行い、常に革新的なチャレンジを心掛けています。
織機にも特徴があり、糸が膨らむ為の空間を作るため、密度を低くし、綾織りという組織を使うことで糸の浮きが多く適度な厚みと柔らかさを出しています。
柔らかく繊細な糸は本来ニット製品に使用されることが多く、生産性を重視した高速な織機では織るのが難しいため織物の製品としての流通は多くありません。澤井織物工場では手織りに一番近いとされる自動織機であるシャトル織機でゆっくり織ることで織物として製品にすることを可能にしました。

身に着けていることを意識させないふんわりとした軽さながら、しっかりと暖かい心地よさをぜひ体感してください。
シンプルで上質な質感をたのしむ
強縮絨加工によって無地でも凸凹感があり、表情のあるソフトで温かみのあるストール。 原料に上質な極細のオーストラリア産ウールを使った糸を使用しているため、縮絨をかけてもかたくならないのが特徴。

フリンジウールストール 税込 ¥14,300(税抜 ¥13,000)
ずっと身に着けていたくなるなめらかな心地よさ
上質なラムウールを丁寧に国内で紡績した高品質な糸を使用。 特殊な加工が施された糸で織りあげているので、織り上がった後の仕上げによって糸の中に隙間ができ、空気を含むためとても軽くあたたか。肌触りもなめらかでやわらかくチクチクしないストール。

エアウールストール 税込 ¥14,850(税抜 ¥13,500)

YOKOI
埼玉県北葛飾郡庄和町にて創業し、現在は埼玉県春日部市に工場を構える1943年創業の老舗帽子製造メーカーよこい。
春日部市は昔から麦わら帽子などの天然草を使った帽子の産地として栄えてきました。
「使う人のことを考えた物づくり」をモットーに老舗帽子工場として幼稚園の制帽やフェルト帽、バスクベレー、
麦わら帽子の他にパレードで使う帽子やマーチングバンドで使う帽子なども手掛けており、そのほとんどを手作りで作り続けています。 
愛らしさの中に落ち着きを感じる佇まい
深くて丸いシルエットが愛らしいく、トーク帽のようなシルエットが特長。 高品質なエクストラファインウールは、国内で紡績を行った糸を使用。 原料となる羊毛は世界的な産地であるオーストラリアの中でも特に品質が高いと評価されているジロン地方で産出されるメリノ種の生後6か月以内に採取した子羊の毛です。

エクストラファインウールベレー 税込 ¥7,590(税抜 ¥6,900)
普段の装いに抜け感を
ツバが短く逆さにした際にバケツにフォルムが似ていることが由来の帽子。 一度編んでから縮絨しており、軽くてソフトな風合いとスポンジのように柔らかなふくらみが特長。保湿性にとても優れていることと、丸めたり、折りたたんだりと持ち運びにも便利な帽子。

スーパーカムバックウールバケットハット 税込 ¥6,600(税抜 ¥6,000)

Creed
国内外から選りすぐった素材を見つけ、腕の確かな工場で数々のバッグを作ってきたCreed。
今回のバッグは古くから織物の産地として有名な遠州地方(静岡県西部)の生地を国内の工場で丁寧に縫製。
ベースとなる生地は綿100%でタテ糸・ヨコ糸共に双糸(2本の糸を撚糸した糸)で織られた雲斎(ウンサイ)織り。 双糸で織ることで毛羽の少ない見た目のきれいな織り面になり、足袋底地などに使われてきました。厚みがあるしっかりとした風合いが特長。
染色は小さな釜で職人が手作業で行い、遠州地方独特の“遠州のからっ風”と呼ばれている強い風と天日で乾燥をしています。
より時間と手間がかかる手法ですが、生地に機械的な圧力や、張力を与えないことで、 生地の持つ自然な風合いを引き立たて、自然で特徴的な色ムラ感、シワ感を持った仕上がりになります。
また、染色釜で手作業での染色は、機械染めに対して汚水の排出量を減らすことができ、生地の乾燥を自然エネルギーに任せることで、機械を動かす石油などの化石燃料の節約にも繋がり、Co2 削減、温暖化の抑制にも貢献する、エコロジーな側面をもった生地です。
シンプルながらしっかり入る強い味方
A4サイズがすっぽり入るサイズです。シンプルなデザインで天日干しならではの独特の風合いが楽しめるバッグです。ユニセックスでお使い頂けます。

コットン2wayバッグL 税込 ¥8,580(税抜 ¥7,800)
ファッションの邪魔をしない小さな縦長バッグ
スマートフォンやお財布、ポーチなど必要最低限のものだけで身軽にお出掛けしたいときにおすすめ。Lサイズ同様、肩掛けもできる優れもの。

コットン2wayバッグS 税込 ¥5,280(税抜 ¥4,800)
バッグとセットで使いたいお役立ちアイテム
シンプルな使い勝手の良いフラットタイプのポーチ。リップやアルコールスプレー、鍵やイヤフォンなどバッグの中で見失いがちなものを入れて。

コットンフラットポーチ 税込 ¥2,750(税抜 ¥2,500)

福田手袋
創業大正二年、約100年続く、福田手袋。
各工程を職人による手作業で丁寧に仕上げています。
手作業にこだわるのは、手袋が「手」という最も敏感で繊細な動きを必要とする場所で使うものだから。
機械では再現できない細やかな使い心地をカタチにしています。その背景には、専門の職人だからできる、経験と勘が盛り込まれた洗練された技術があります。
ふわふわと暖かな印象を手元に
甲側に手触りの良いエコファーをあしらったフィンガレスグローブ。 シンプルで落ち着いたカラー合わせなのでコーディネートにも馴染みやすいデザイン。

エコファーグローブ 税込 ¥6,050(税抜 ¥5,500)
見た目にも暖かい手元に
ボアとジャージのコンビグローブ、レザーパッチをデザインのアクセントに。 フィンガレスタイプなので着用したままでも作業がしやすく、指先が自由に動かせます。

ボアグローブ 税込 ¥5,500(税抜 ¥5,000)
暖かさと美しさを纏う
ロングリブタイプの2wayグローブ。長年に渡って培われた熟練の技により裁断した生地の端から2mmの部分を縫製しているため内側に生地が余ることなく指先がすらっとした美しいシルエットに。スマートフォンの操作も可能。

ウール2wayロングリブ 税込 ¥5,500(税抜 ¥5,000)

鈴木靴下
奈良県磯城郡にある創業1958年の鈴木靴下。兼業農業として米作をしていた、鈴木靴下の鈴木さんは米作りの副産物「米ぬか」が廊下を拭けばつるつるになることや、ぬか床で漬物をつける母親の手が綺麗だったことから、米ぬかを活用すれば保湿や美肌効果のある靴下が出来るのではと思い始め、試行錯誤の末、レーヨンに米ぬか成分を練り込んだ「米ぬか繊維SK」を2006年に開発。50回近い洗濯の後も効果が継続するという結果に。
米ぬか繊維は米ぬかに含まれる豊富な天然由来成分(γ-オリザノール、フェルラ酸)をさらに増強して、米ぬかオイルとともに糸に練り込んでいます。 米ぬか保湿成分により、しっとり柔らかく、滑らかな肌触りが特長で、履き口は足を締め付けない優しい靴下。 足がむくんでしまうお悩みをお持ちの方や、立ち仕事で足が疲れやすい方、妊娠中や産後の方など、様々な方のお悩みにこたえる靴下です。

足首ゆったり米ぬかソックス M(23~25㎝)、L(25~27㎝) 税込 ¥1,760(税抜 ¥1,600)
 

フクシン
手袋の名産地・香川県東かがわで1977年に創業したフクシン。
防寒用の手袋を作り、気候変動を目の当たりにしてきたフクシンはその観点から地球環境にも造詣が深く、太陽光エネルギーの利用や、なるべくゴミを出さない製造への取り組みなどを積極的に行っています。
通常靴下は靴下編機で作ると、生地を縫いつなぐ必要がありますが、手袋編機で作ると無縫製で立体的に編めるので、仕上がりも綺麗で、当りもなく履き心地が良い靴下ができます。二重になっているルームスリッポンも、そのまま二枚につながった形であるため、リバーシブルになっています。 成型で編むことで、裁断をする必要がなく、裁断くずなど、ものづくりで必ずでてしまうゴミを極力ださない、地球環境にもやさしいサステナブルなアイテム。柔らかくもっちりしているので、おうちでのリラックスタイムにおすすめです。
※手洗い可能(ネット使用で、弱流水であれば洗濯機でもお手入れ可能です)

柔らかもっちりルームソックス 税込 ¥1,980(税抜 ¥1,800)
柔らかもっちりルームスリッポン 税込 ¥2,420(税抜 ¥2,200)
もっちりアーム&レッグウォーマー 税込 ¥1,980(税抜 ¥1,800)
ふんわりと上質なストールをつくる「澤井織物」さんに、物作りに対する想い、こだわりをお伺いしました。