フリーズドライで本当に美味しい、「アコメヤのスープ」誕生|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

フリーズドライで本当に美味しい、「アコメヤのスープ」誕生

AKOMEYA TOKYOから、こだわりの調味料を使った「アコメヤのスープ」が誕生します。

素材の吟味から製造にまでこだわっているアコメヤの調味料をベースにした、豊かな味わいのスープで、心まで贅沢になるひと時をお楽しみください。 今回は『KIHACHI』創業者の熊谷喜八シェフが監修に入ることで、極上の味わいに仕上がっています。

発売日:1月17日(金)

※価格はすべて税抜きとなります。
安心安全の美味しさを、そのままどうぞ。

「アコメヤのスープ」は、凍結させた食品を真空状態に置いて乾燥させるフリーズドライ製法です。そのため、食品の味や栄養、美味しさはそのままに長期保存ができます。

厳選した原料をもとに、自然の恵みから作られた美味しさ、力強さ、素材の魅力を活かしながら、保存料を使用しない安心安全の味を生み出しています。根底にある徹底したこだわりが美味しさの隠し味です。
ただのスープではない深い味わいを。

今回の開発にあたり掲げたのは、「ただのスープを作るのはやめる」ということ。そこで、化学調味料を使用せず、原材料と製法にもこだわっているアコメヤの調味料の中から、ベースとなる味として「アコメヤの醤油 純正醤油 奥出雲」と「アコメヤの白だし まぐろ」の2種を選定し、開発しました。

普通の洋風スープとはひと味もふた味も違う、奥深い味わいをお召し上がりください。
 

野菜のトマトスープ

優しい味わいに包まれる

鹿児島県枕崎産まぐろ本鰹節から作られた「アコメヤの白だし まぐろ」を加えた、野菜のうまみたっぷりのトマトスープ。上品な香りと、優しく温かみのある味が、食卓にほっとした和みを与えてくれます。

野菜のトマトスープ ¥220

ほうれん草と豚肉のスープ


身体も心も満たす栄養満点スープ

鉄分やビタミンCを多く含むほうれん草と、ビタミンB1とミネラル豊富な豚肉を使用した、栄養ばつぐんのスープ。これ一杯で空腹感を満たすことができます。「アコメヤの醤油 純正醤油 奥出雲」で仕上げた、濃厚で深みのある味わいをお楽しみください。

ほうれん草と豚肉のスープ ¥220
 

きのこのたまごスープ


中華仕立ての味が食欲をそそる

プリップリのきのこの食感と、ふわふわたまごが食欲をそそる、中華仕立てのスープ。豊富な具材に、「アコメヤの醤油純正醤油 奥出雲」を加えることで、柔らかな味わいへ昇華しました。スープとしてだけでなく、お米や麺と一緒に食べるのもオススメです。

きのこのたまごスープ ¥220
自分にもあのひとにも、美味しい一杯を

お湯を注ぐだけで簡単に楽しめるフリーズドライのスープの活躍の場はさまざまです。たとえば、お弁当ランチに添えたり、小腹が空いた時にはデスクで、お出かけ時や旅のお供に、頑張っている同僚への励ましの気持ちとして、夕食時や夜食として、体の中から温まりたいときに、または季節のご挨拶や、独り暮らしのひとへのギフトとしてなど、いろいろなシーンにどうぞ。その一杯が、温かな幸せを運びます。
熊谷喜八
KIHACHI創業者
セネガル、モロッコ日本大使館料理長に就任後、 パリの「マキシム」や「ホテル・コンコルド・ラファイエット」で研鑽を積み、 帰国後、葉山「ラ・マーレ・ド・茶屋」の総料理長を務め、 1987年、KIHACHIをオープン。
フランス料理をベースに、からだに安全で美味しいものにこだわった、 ジャンルにとらわれない日本発の洋食としてKIHACHI流無国籍料理を生み出す。
1946年 東京生まれ
フランス アルパッジョン料理コンクールにおいて、プロスペールモンターニエ杯を日本人として初受賞
フランス アカデミーキュリネール日本支部正会員となる
レ・ザミ・ドゥ・キュルノンスキージャポン会員
全日本司厨士協会 最高技術顧問
日本フードコーディネーター協会 顧問
全日本洋菓子工業会 理事
日本食生活文化財団「食生活文化賞 銀賞」受賞
厚生労働省「卓越技能章 現代の名工」受章
「黄綬褒章」受章