ふきと桜海老のご飯|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

ふきと桜海老のご飯

材料【2~3人分】
米:2合
水:洗い米と同量の水
アコメヤの出汁 焼きあご減塩:1パック
うすあげ:1/2枚(みじん切り)
うす口醤油:小さじ1
塩:小さじ1/2
ふき:130g
桜海老:20g
ふきの下処理用の塩:適量

準備
200℃に設定したオーブンで桜海老を加熱し、祖熱を取っておく。
うすあげはサッと湯通しして祖熱を取り、細かく刻んでおく。

作り方
① ふきの下処理用の湯を大きめの鍋で沸かす。沸くまでの間に、大さじ1杯の塩を蕗にまぶして板ずりをする。お湯が沸いたら、太いものは5分ほど、細いものは2~3分茹でる。茹で上がったら氷水に取り、急冷する。祖熱が取れたら、水気を切って3mmくらいの大きさに切る。
② 米を研ぎ30分ほどザルにあげておく。鍋に米、水、うすあげ、うす口醤油、塩、だしパック、ふきの葉を切らずに入れる。
③ 鍋を火にかけ、沸騰したら蓋をして、吹きこぼれないように火力を調節して10分ほど加熱。火を止め、10分ほど蒸らす。
④ 蒸らし終えたら、蕗の葉とだしパックを取り出して、桜海老と蕗を入れて混ぜ合わせる。
まばらにならないように、塩をまんべんなく振る。
コツは、包丁の刃を蕗に、斜めに当てること。
香りづけのために、蕗の葉を被せる。