温まる一杯|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

温まる一杯

商品一覧へ
開催期間:1月6日(土)~1月25日(木)

寒い冬の食卓に、ほっと温まるしあわせな一杯を。
こだわりの出汁の味わいがからだに染み渡る「おかゆ」や、
油を使わず胃にやさしい「温麺(うーめん)」、具材たっぷりの「味噌汁」など、
こころもからだも温まる一杯を、冬の毎日に気軽にとりいれてみませんか。
滋味深い味わい。お粥で胃腸から温まる。

お粥の歴史は古く、紀元前一世紀頃から先人たちもお粥を食べて健康を保ってきました。
じっくり火にかけて炊いたお米は軟らかく姿を変え、お米本来のうまみとやさしいお出汁の味わいが合わさり、
温かさと共に、じんわりからだに染み渡る美味しさ。
滋味深い、温かな一杯で、胃腸からしっかり温まりましょう。
アコメヤの出汁粥

アコメヤの出汁をベースに、さらに自然の旨味を加えた出汁粥。パッケージのまま湯せんか、パッケージから器に移して電子レンジで温めるだけで、お米を炊かなくても簡単に楽しめるお粥。こだわりの出汁の味わいが、からだに染み渡る一杯です。かつお、野菜、鶏節の3種類。

アコメヤの出汁粥(かつお、野菜、鶏節) 各540円

出汁粥開発バイヤーのこだわり

出汁粥に使用している出汁や、食感へのこだわりなどを、開発をしたバイヤーに語ってもらいました。

→ AKOMEYA通信

つるりと喉越しの良い温かな麺。

宮城県白石市名産の温麺(うーめん)は、約400年前、胃を病んだ父親のために若者が「油を使わずに作った麺」を食べさせたところ、
胃病が治り、この親孝行話が時のお殿様の片倉小十郎公に伝わり、
息子の温かな心を讃え、「人を思いやる温かい心を持つ麺」という意味を込め名付けられたと言われています。
特徴的な短い麺は、小さな鍋でも楽に茹でられるので、手軽に麺料理が作れます。
朝食や夜食など、冷え込む時間の食卓に薬味を添えて、温まる一杯を。
AKOMEYA TOKYO限定 白石温麺 宮城県産小麦使用

食用油を使用せず、一般的なそうめんよりやや太めなので、小麦の味と香りをしっかりと味わえ、食べやすい9cmの短さが特徴の「温麺(うーめん)」。宮城県産小麦「あおばの恋」を使用し、つるみとコシのある食感です。AKOMEYA TOKYO限定品です。

白石温麺 宮城県産小麦使用 3束入り 594円

白石温麺 紅白宝づくし柄

食用油を使用せず素麺よりやや太めで短いのが特徴の、宮城県白石市名産の温麺です。紅白の麺を折り鶴やだるま、鯛、打ち出の小槌などのめでたい柄で巻きました。麺つゆなどとあわせてギフトにもおすすめです。

白石温麺 紅白宝づくし柄 2束入り 432円

白石温麺 3種食べ比べセット

白石温麺の元祖を誇る定番「つりがね白石温麺」、複数の小麦粉をブレンドし味・つるみを一層追求した「金印白石温麺」、小麦粉を厳選し手延べ製法で光沢・こし・つるみを堪能できる「手延白石温麺」の3種類のセットです。3種類のセットはAKOMEYA TOKYOのみでの販売です。

白石温麺 3種食べ比べセット 702円

温麺のレシピ

白石温麺の本場、宮城県南地域の郷土料理「おくずかけ」と、身体があたたまる生姜を使った温麺のレシピをご紹介。

→おくずかけうーめん
→きのこと生姜のあんかけ温麺
温かい味噌汁を毎朝の基本の一杯に。

味噌汁は、鎌倉時代に日本に登場し、「一汁一菜」という和食の基本が確立されたと言われています。
たんぱく源であり発酵食品でもある味噌に、たっぷりの具材の味噌汁は、一杯だけで栄養満点。
毎朝の基本の一杯の味噌汁でからだを温め、一日をスタートさせましょう。
具だくさんの豚肉野菜&焼きあご出汁

「アコメヤの出汁」の中で一番人気の焼きあご出汁を、豚汁のような具だくさんの味噌汁に仕上げました。豚肉とごぼう、油あげなどの具材と白みそに焼きあごの風味が加わった、深みのある味わいです。

アコメヤの出汁味噌汁 豚肉・野菜 238円

定番の豆腐&かつお出汁

かつお出汁の風味が十分に活きる、合わせ味噌で仕立てました。具材は、豆腐とワカメ、油あげ、青ネギという味噌汁の定番。存在感のある豆腐をはじめ、それぞれの具材の味が楽しめます。王道のおいしさです。

アコメヤの出汁味噌汁 豆腐 238円

たっぷり野菜&野菜出汁

野菜の出汁を、白みそ仕立てで優しい味わいの味噌汁に。たくさんの野菜が一度に食べられ、キャベツやかぼちゃなどの野菜の甘みを存分に楽しめます。野菜不足だなと感じるときに、最適な一杯です。

アコメヤの出汁味噌汁 野菜 238円

鶏肉の深い味わい&鶏節出汁

鶏節出汁をベースに、純粋な鶏の旨みを封じ込めた上品な味わいを、濃厚で深みのある赤味噌で仕立てたお味噌汁。鶏節出汁と赤出汁が染み込んだ白ネギやごぼうのシャキシャキした歯ごたえも楽しめる一杯です。

アコメヤの出汁味噌汁 鶏肉・白ねぎ 238円

白菜と青ネギ&煮干し出汁

深い旨みと程よいクセ、そしてコクの強さが特徴の煮干し出汁のお味噌汁は、魚の旨みをしっかり堪能できる白味噌仕立て。白菜や青ネギ、きざみ揚げ、椎茸、わかめなど具材たっぷりです。

アコメヤの出汁味噌汁 白菜・青ねぎ 238円

放香堂×AKOMEYA TOKYO 生姜和紅茶

AKOMEYA TOKYOが酢田恭行十段監修のもと、本当に美味しい和紅茶を目指して作った生姜和紅茶。和紅茶の華やかな香りとスパイシーな高知県産生姜の風味をお愉しみいただけます。和紅茶はカテキン含有量が少ないため、渋みを感じづらく、凛とした香りやすっきりした味わいが特長。是非ストレートで、和紅茶ならではの繊細な風味をお愉しみください。

放香堂×AKOMEYA TOKYO 生姜和紅茶 1,080円

「放香堂」監修のアコメヤのお茶ができるまで

創業天保年間で、約190年の歴史を誇る「放香堂」にフォーカス。日本茶のはじまりと宇治茶の歴史、緑茶や紅茶の製造工程など、歴史ある放香堂ならではのエピソード満載でお届けします。

→ AKOMEYA通信

梅としその風味豊かなお茶

凍結乾燥した紀州産の梅干しに、良質のしそと昆布を程よくミックスしました。梅の持つ酸味と、しそ独特の風味をもつ香り豊かなお茶です。大きな梅の果肉としそ葉が特徴です。

梅昆布茶 659円

完熟梅果肉たっぷりのとろみ梅酒

香川県川鶴酒造の伝承の技で作られる日本酒に梅を漬け込み、完熟梅果肉をたくさん使った驚くほどのとろみが特徴の梅酒。香料・着色料等の添加物不使用です。

とろ梅 梅酒 1,980円

ひとつのどんぶりで、お粥も麺も。

麺にも汁物にもちょうど良い大きさのどんぶり。
口あたりにこだわったれんげ。
シンプルで使い勝手の良い道具は、毎日の食卓の相棒に。
温かいうつわに手を添えて温かな料理を口に運べば、からだもほっこり温まる。
お気に入りの食道具を見つけて、気軽に温食を始めましょう。
瑠璃色が美しい美濃焼のどんぶり

岐阜県土岐市駄知町の窯元で作られるこだわりのどんぶり。ベーシックな形状の「かきこみ丼」と、幅広のリムが余白として見えて料理を盛った時にバランスよく見える「リム丼」。どちらも瑠璃色の釉薬が美しく、おかゆや麺の白が映えます。

美濃焼 かきこみ丼・リム丼 各1,760円

手書きのやわらかさが愛らしい独楽型丼

独楽のような形状のどんぶりは持ち上げやすく、手の小さな女性や子供でも手に馴染みます。呉須を使った手描きの絵付けは一つ一つ表情が異なります。

美濃焼 独楽型丼 各3,080円

研ぎ澄まされたシンプルさとやさしいフォルムの白刷毛丼

白粉引で刷毛目柄をあしらったどんぶり。シャープだけどふんわり、柔らかく見えるよう真ん中を少し膨らませ、縁が反っているので両手で持ちやすい形状です。

美濃焼 白刷毛丼 6寸3,300円、7寸3,850円

薄くなめらかな口あたりの瀬戸焼れんげ

強化磁器ならではの薄さと口元の丸みで、金属のスプーンにはないなめらかさを実現。柄から頭への曲線がなだらかで、口から引き抜きやすい形状です。

瀬戸焼れんげ(白・グレー) 各880円

国産天然木でできた口あたりのよい木のれんげ

国産のブナ・シナ材を使用。成型から仕上げまですべて国内で職人によって丁寧に行われています。口あたりの良い形状で、ご飯ものから汁ものまで使いやすいサイズ感です。

国産木のれんげ ナチュラル(ウレタン塗装)・ブラウン(漆塗装) 各660円

創業明治38年「川上商店」の木箸

箸先は、魚が食べやすい「細身」。先端より少し上のすそは、麺類がつまみやすい「四角形」。持ち手は、手になじむ「八角形」と形が三変化しています。

江戸唐木箸 八角先角先細 22cm・23.5cm 各2,420円

商品一覧

並べ替え:
商品コード
商品名
発売日
価格(安い順)
価格(高い順)
発売日+商品名
48
48

最近見た商品 ITEM HISTORY