OIGEN(オイゲン) 南部鉄器/急須 千草 0.55L|AKOMEYA TOKYO

カテゴリから探す

OIGEN(オイゲン) 南部鉄器/急須 千草 0.55L

嘉永5年創業、170年の歴史を持つ南部鉄器の作り手OIGEN(及川源十郎鋳造所)の、急須。
大きめの湯呑で2~3杯程度のお茶を愉しめるサイズ感です。鉄急須は耐久性に優れ、長時間、温かいお茶を愉しめるのが最大の魅力。お茶を淹れるのが愉しくなる愛嬌のある形になっています。茶こし付き。
丸型は茶こしが広く、茶葉がしっかりと開くので、煎茶などにおすすめの急須。ツルは収納に便利な倒れるタイプ。内部はホーロー加工をしているので、サビの心配もなく、お手入れも簡単に行えます。和洋どちらのスタイルにも自然と馴染む、かわいらしいデザインです。存在感のある鉄蓋の丸いつまみは掴みやすく、デザイン・実用性ともにおすすめ。裏面には、OIGENの昔の屋号「南部盛栄堂」が刻印されています。

原材料・輸送コスト等の価格高騰のため、2023/2/1より商品価格を改定させていただきました。

重厚感のある質感と味わい、南部鉄器

岩手県の盛岡・水沢が主な産地の伝統工芸品。南部鉄器は、旧南部藩主の城下町であった岩手県盛岡市を中心に作られる鉄器です。
型に溶かした鉄を流し込んで作る鋳造。重厚感のある質感と味わいが特徴で、約400年前より保護育成され国の伝統工芸品に指定されています。岩手県奥州市水沢地区も南部鉄器の産地として知られます。
南部鉄器は英語では“Nambu Ironware”と呼ばれ、訪日外国人のお土産としても喜ばれています。

大切に使いたくなる、一生ものの鉄器

南部鉄器は大量生産されたものと違い手作り度が高く、職人の技能が存分に生かされています。
大切に扱うことで何代にもわたって使い続けることができ、使い込むほどに味わいが増していくのが魅力。一生ものの道具であり、大切にすれば孫の代まで使えるといわれています。

南部”鉄瓶”に比べて、お手入れが簡単なのが”急須”

南部鉄器の”鉄急須”は”鉄瓶”とは別の道具です。 鉄瓶がお湯を沸かす道具であるのに対し、鉄急須はお茶を淹れるための道具です。
色鮮やかで凝ったデザインの鉄急須は、見た目はもちろん保温性の点で機能性も優れています。
南部鉄瓶は中がほうろうで加工されているため、直火やIHでの使用はできませんが、その分サビにくく、お手入れが簡単。鉄器初心者の方でも使っていただきやすいアイテムです。

海外でも注目される南部鉄器の老舗メーカー、及源鋳造/OIGEN

南部鉄器のトップメーカーとして知られる1852年創業の「OIGEN(及源鋳造)」は、900年という水沢南部鉄器の伝統を受け継ぎつつ、ニューヨーク近代美術館“MoMA”で紹介されるなど海外でも注目のメーカー。
格式張った形式に捕われず「愉しむをたのしむ」をスローガンに、北欧デザインを思わせるおしゃれな南部鉄器を生み出す「釜定」や、斬新なデザインにも挑戦する「及富」など、いずれも現代の暮らしに合う南部鉄器を生み出しています。

南部鉄器のお手入れ方法。使い込んで、南部鉄器を育てていきましょう

鉄製の急須のサビを防ぐには、濡れたまま放置しないようにすることが重要です。

<お手元に届いたら>
まずは茶こしを外し、急須・蓋・茶こしそれぞれを軽くすすぎましょう。急須内部は柔らかいスポンジで洗って下さい。その後、乾いた布でやさしく水分をふき取ります。

<急須を使った後は>
①急須の外側はお湯洗いし、内側と茶こしはスポンジで軽く洗います ※この時、洗剤やスチール製のたわしは使用しないでください
②乾いた布でやさしく水分をふき取り、急須・蓋・茶こしそれぞれを乾かします
11,000円(税込)
税抜 ¥10,000
商品コード
4906994509818

カラー

千草 0.55L
千草 0.55L
千草 0.25L
千草 0.25L
まろみアラレ
まろみアラレ
平形糸目
平形糸目
壷形筋目
壷形筋目
選択されたカラー:千草 0.55L

関連キーワード

在庫
4
素材
鋳鉄
サイズ
幅15、奥行11.5、高さ17 cm
箱/パッケージ:横15、縦14.5、奥行き9.7cm
内容量
0.55L
重量
1.19kg
原産国/原産地
日本
品番1
ZACCA
発売日
2022/12/28 19:00:00
商品区分1
おまとめギフト
カラー
千草 0.55L

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

最近見た商品 ITEM HISTORY